ココ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ココ川
River
ニカラグア, ホンジュラス
源流
 - 所在地 サン・マルコス・デ・コロン, チョルテカ県, ホンジュラス
合流地 カリブ海
 - 標高 0m (0ft)
長さ 750km (466mi)
Cape Gracias a Dios.jpg
モスキート海岸を流れるココ川の衛星写真

ココ川 (ココがわ、Coco) は、ホンジュラス南部とニカラグア北部を流れる川。かつてはセゴビア川、ケープ川[1]、ヤラ川[2]として知られていた。川沿いに居住するミスキート族のあいだでは、ワンキ (Wanki) と呼ばれる。

今日のホンジュラスのサン・マルコス・デ・コロン近くを水源とし、750km下ってカリブ海にそそぐ。中流部と下流部は、両国の国境となっている。

カテゴリー5のハリケーン・フェリックスによって地すべりが発生した2日後の2007年9月7日、ココ川の水位が通常より11メートル上昇したことが主要な国際ニュース通信社によって報じられた。

2020年にニガラグア国内の流域の一部がユネスコ世界ジオパークに指定される[3]

脚注[編集]

  1. ^ Cape River-Capua, Chest of Books website, accessed 8 March 2010.
  2. ^ Wilson, J. G.; Fiske, J., eds. (1900). "Lussan, Raveneau de" . Appletons' Cyclopædia of American Biography (英語). New York: D. Appleton.
  3. ^ UNESCO designates 15 new Geoparks in Asia, Europe, and Latin America” (英語). UNESCO (2020年7月10日). 2022年10月21日閲覧。