コケワタガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コケワタガモ
コケワタガモ
コケワタガモ(オス) Polysticta stelleri
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: コケワタガモ属 Polysticta
: コケワタガモ P. stelleri
学名
Polysticta stelleri (Pallas, 1769)
和名
コケワタガモ
英名
Steller's eider

コケワタガモ(小毛綿鴨、学名:Polysticta stelleri)は、カモ目カモ科コケワタガモ属に分類される鳥類の一種。本種のみでコケワタガモ属を構成する。

分布[編集]

アメリカ合衆国アラスカ州)、日本北海道東部)、ロシア東部

夏季にアラスカ北部やシベリア北東部で繁殖し、冬季になるとカムチャッカ半島アリューシャン列島千島列島などで越冬する[1][2]。日本では北海道東部に越冬のため少数飛来する冬鳥である[3][4]

形態[編集]

全長43-47センチメートル[2]。翼開張70-76センチメートル[2]。次列風切(翼鏡)は青紫色や濃青色で、先端は白く静止時には筋模様に見える[2][4]

嘴や後肢の色彩は黒や灰黒色、青灰色[1][4]

オスは雨覆の色彩が白い[3]。オスの繁殖羽は頭部の羽衣が白く[3]、眼先や後頭に淡緑色の斑紋が入る[1][2][4]。眼の周囲や喉から頸部、体上面の羽衣、尾羽や尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)の色彩は黒や青黒色[1][2][3][4]。体下面の羽衣は赤褐色や橙褐色で[1][2][3]、胸部側面に黒い斑紋が入る[4]。メスやオスの非繁殖羽(エクリプス)は全身の羽衣が黒褐色で、眼の周囲が淡褐色[1][2][4]

生態[編集]

繁殖期は河川湖沼ツンドラにある沼地などに生息し、非繁殖期は岩礁海岸に生息する[1]

食性は雑食で、軟体動物昆虫などを食べる[1]

繁殖形態は卵生。水辺の地表にメスが巣をつくる[1]。メスのみが抱卵する[1]

人間との関係[編集]

乱獲により生息数が激減した[1]1970年代前期における生息数は500,000羽と推定されている[1]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、78、185頁。
  2. ^ a b c d e f g h 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、141頁。
  3. ^ a b c d e 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、56-57頁。
  4. ^ a b c d e f g 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、124頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Polysticta stelleri. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.