コグンカンドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コグンカンドリ
Lesser frigatebird lei.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペリカン目 Pelecaniformes
: グンカンドリ科 Fregatidae
: グンカンドリ属 Fregata
: コグンカンドリ F. ariel
学名
Fregata ariel
和名
コグンカンドリ
英名
Lesser Frigatebird

コグンカンドリ(小軍艦鳥、学名:Fregata ariel)は、ペリカン目グンカンドリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

太平洋インド洋大西洋の熱帯の島や海岸地方で繁殖する。分布地の多くはオオグンカンドリと重なるが、数はそれほど多くない。

日本では、北海道本州九州の太平洋側や、伊豆諸島小笠原諸島等に迷鳥として渡来する。日本海側や本州の内陸部で観察された例もある。

形態[編集]

体長約79cm、翼開長約185cm。オオグンカンドリに形状は似ているが小さい。

雄成鳥は全身が光沢のある黒色で、喉に赤い喉袋を持ち、脇から腋に白線が延びる。雌成鳥は全身が黒色で胸だけ白い。幼鳥は頭部から首、胸、腹まで白か淡褐色である。

生態[編集]

主な習性はオオグンカンドリに似ている。他のミズナギドリ類やカツオドリ類などを襲撃して餌を吐き出させ奪い取る行動もとる。

幼鳥は巣立ち後、繁殖地を離れ遠く離れた地域に分散する。このため、普段生息しない地域に出現する確率が高く、日本において観察されるのも幼鳥であることが多い。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ミズナギドリ上科 Procellarioidea

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • 高野伸二他 『山渓カラーガイド 日本の野鳥』、山と渓谷社

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「コグンカンドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類