コク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

(こく)は、上古中国神話上の帝王。名は。あるいは、高辛に都して、高辛氏と称したと言われている。五帝のひとりで、顓頊(せんぎょく)の後を継いで、帝位に就いた。

『史記』「五帝本紀』によれば、嚳高辛の父はである。極の父は、黄帝の子である玄囂(少昊)なので、は、黄帝の曾孫となる。また、嚳高辛が生まれながらにして自分の名を言うことができ、聡明であったと記す。また嚳の徳の高さと世がよく治まった様子を様々な言葉で称える。娵訾氏の娘をめとって子にをもうけ、陳鋒氏の娘をめとって放勲()をもうけた。彼らは嚳の死後に順に立って帝に立った[1]

三国史記』高句麗本紀第六や『三国史記』百済本紀第六によると、高句麗王は、自分たちは黄帝の孫の高陽氏、黄帝の曾孫の高辛氏の子孫であると称していた[2][3][4][5][6]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田賢抗『史記』一(本紀)(新釈漢文大系)、明治書院、1973年。

関連項目[編集]