コガタアカイエカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コガタアカイエカ (Culex tritaeniorhynchus) は、双翅目カ科イエカ属に属する[1][2][3]。体長 4.5mm内外。アカイエカに類似しているが、口吻に白帯がある。東アジア東南アジア、中近東、アフリカ日本全国に分布。などで発生する。アカイエカと同様、夜行性である。雌は、ヒトのほか、ウシウマブタなどの家畜からも吸血する。日本脳炎を媒介する重要な衛生害虫でもある。

脚注[編集]

  1. ^ Self, L. S.; Shin, H. K.; Kim, K. H.; Lee, K. W.; Chow, C. Y.; Hong, H. K. (1973-01-01). “Ecological studies on Culex tritaeniorhynchus as a vector of Japanese encephalitis”. Bulletin of the World Health Organization 49 (1): 41–47. ISSN 0042-9686. PMC 2481081. PMID 4363396. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2481081/. 
  2. ^ Clements, Alan (2012). The Biology of Mosquitoes, Volume 3 Transmission of Viruses and Interactions with Bacteria. CABI. ISBN 978-1845932428 
  3. ^ Reuben, R (1994). “Illustrated keys to species of Culzx (Culex) associated with Japanese Encephalitis in Southeast Asia (Diptera: Culicidae)”. Mosquito Systematics. オリジナルの4 March 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304084202/http://ww.w.sandflycatalog.org/files/pdfs/MS26N02P075.PDF 2015年10月14日閲覧。.