コカラル堤防

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コカラル堤防ができる前(下)と完成後(上)の小アラル海の比較

コカラル堤防(こからるていぼう Dike Kokaral)は、アラル海に作られた締め切り堤防。その規模からコカラルダムと表現されることもある。北アラル海(小アラル海)の水位を守るために、南アラル海(大アラル海)との間に作られた。

概要[編集]

アラル海は、ソビエト連邦時代の過剰な灌漑がたたり水量が激減。既に1990年代には、アラル海がいくつかの小さな湖に分裂し、将来的に消滅が危惧されるようになった。アラル海北側の比較的大きな湖水域(小アラル海)を治めるカザフスタン政府は、の水が溢水しないよう2003年より締め切り13kmに及ぶ堤防を建設、2005年に堤防が完成した。

コカラル堤防の完成で、小アラル海の水位は予想よりも早い回復が認められている。一方で下流の大アラル海では、堤防の建設により水位低下が加速していると考えられている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ “アラル海:消えた南部 中央アジア 縮小する塩湖”. 毎日新聞. (2009年9月15日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/QXSXj 2010年8月1日閲覧。 

関連項目[編集]