コカノキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コカノキ科
クロンキスト体系
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: アマ目 Linales
: コカノキ科 Erythroxylaceae
  • Aneulophus
  • コカ属 Erythroxylum
  • Nectaropetalum
  • Pinacopodium

コカノキ科学名:Erythroxylaceae)は双子葉植物のひとつ。

特徴[編集]

コカインの原料となるコカノキ(コカErythroxylon coca)などを含む。4属250種ほどで、世界の熱帯に広く分布し、日本にはない。いずれも木本で、は単葉で互生する。は両性花で5数性。果実種子1個を含む核果となる。

新エングラー体系クロンキスト体系では、アマ科などに近縁とされ、フウロソウ目あるいはアマ目に含められている。APG植物分類体系では、ヒルギ科(熱帯のマングローブなどに多い木)に最も近縁であるとされ、ヒルギ科に含めてもよいオプションの科とされている。

[編集]