コオロギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コオロギ科 Gryllidae
Gryllus-bimaculatus-4011.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目)Orthoptera
亜目 : キリギリス亜目(剣弁亜目)Ensifera
上科 : コオロギ上科 Grylloidea
: コオロギ科 Gryllidae
学名
Gryllidae
Laicharding, 1781
英名
cricket
亜科

コオロギ科 (Gryllidae) は、昆虫綱バッタ目(直翅目)キリギリス亜目(剣弁亜目)コオロギ上科の1である。ケラなど以外の、代表的なコオロギのほとんどが属する。

特徴[編集]

ケラ科と異なり、メスは鳴かない。また、触角は先端がまがっている。

分類[編集]

フタホシコオロギの一種 Gryllus campestris

Wikispeciesより。より少ない亜科しか認めず、これらのいくつかを族とする分類もある。

ここでのコオロギ科を行くつかの科(たとえばコオロギ科、マツムシ科 Eneopteridae、ヒバリモドキ科 Trigonidiidae に分ける[1])に分ける説もある。

以下の亜科を含めることもある。これらは独立科とされることが多いが、ケラ科との関係を論ずる場合にコオロギ科に含められることが多い。

出典[編集]

  1. ^ 市川顕彦; 初宿成彦, “日本の鳴く虫一覧”, in 大阪市立自然史博物館大阪自然史センター, 鳴く虫セレクション 音に聴く虫の世界, 大阪市立自然史博物館叢書 ④, 東海大学出版会, ISBN 978-4-486-01815-5