コオニヤンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コオニヤンマ
コオニヤンマ(雄)
コオニヤンマ(雄)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: トンボ目(蜻蛉目) Odonata
亜目 : トンボ亜目(不均翅亜目) Epiprocta
下目 : Anisoptera
上科 : ヤンマ上科 Aeshnoidea
: サナエトンボ科 Gomphidae
亜科 : Hageniinae
: コオニヤンマ属 Sieboldius
: コオニヤンマ S. albardae
学名
Sieboldius albardae
Sélys1886[1]

コオニヤンマ(小鬼蜻蜓)、学名 Sieboldius albardae は、蜻蛉目サナエトンボ科に分類されるトンボの一。東アジアの温帯域に分布する大型のトンボである。

分類[編集]

和名は「小型のオニヤンマ」の意であり、「ヤンマ」の名がつくが、分類上はヤンマ科でもオニヤンマ科でもない。

学名の属 Sieboldius は日本の文化や生物を研究したフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトへの献名、種名 albardae も昆虫研究家 Albarda への献名である。なお、記載者のエドモン・ド・セリ・ロンシャンは、日本産コオニヤンマの標本と、よく似たボルネオ産同属種の標本とを取り違えていたため、日本に分布しないはずのボルネオ産のものが「日本の」を意味する種名 S. japponicus Sélys, 1854 として記載され、日本産のコオニヤンマが日本と関係ない種名 S. albardae Sélys, 1886 として記載されてしまった[2]

分布[編集]

中国朝鮮半島、日本(北海道本州佐渡島隠岐島四国九州対馬種子島屋久島[1]

形態[編集]

成虫は体長80-90mm程度で、サナエトンボ科の中では日本最大種。体の大きさに比べて頭が小さく、後脚が長い。未熟期は複眼が深緑色であるが、成熟すると澄んだ緑色に変わる。

日本産トンボとしては大型種で、名の通りオニヤンマにも似ているが、オニヤンマの左右の複眼は頭部中央で接するのに対し、コオニヤンマの複眼は接しない。また休息時はオニヤンマは木の枝などにぶらさがって止まるが、コオニヤンマは腹を水平にして止まる[2]

幼虫ヤゴ)は広葉樹の枯れ葉のような体形で、日本産トンボ類の中でも特に幅広・扁平な形である[2]。ヤゴの形態はコヤマトンボオオヤマトンボにも似るが、コオニヤンマのヤゴは触角が丸いうちわ型であることと、前脚と中脚が短いことで区別できる。

生態[編集]

成虫は5月上旬頃から羽化し、9月頃まで見られる。羽化後は水域近くの草むらなどで活発に摂食活動を行う。成熟個体は河川上流域から中流域にかけて、河原の石の上や枝の先などによく静止している。北海道では湖岸でも見られる[2]産卵は雌が単独で打水産卵を行う。

幼虫は河川の流れが緩い区域の、転石下や積もった落ち葉の中に潜む[2]。山間部の清流から農村部のやや汚れた川まで見られるが、汚染の激しい都市部の川にはまず見られない。他の水生昆虫などを捕食して成長し、成虫になるまでに2-3年を要する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2013年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 井上清・谷幸三,2005.『トンボのすべて』1991年初版・2005年改訂版 p.6,p.25,p.134,トンボ出版.ISBN 4887161123

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]