コウモリソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コウモリソウ属
Parasenecio hastatus subsp. orientalis.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: コウモリソウ属 Parasenecio
学名
Parasenecio W. W. Sm. et J. Small
シノニム

Cacalia L.

  • 本文参照

コウモリソウ属(こうもりそうぞく、学名Parasenecio )はキク科の1つ。

特徴[編集]

多年草に互生し、長い柄をもち、葉身ははじめ外巻きで、傘をすぼめた形になるものがあり、ときに葉柄の基部が茎を広く、ときに茎を完全に抱いて、ごく短い鞘をつくる。

頭花は茎の先に、総状、散房状、または円錐花序をつけ、すべて両性の筒状花からなる。花冠はふつう5裂し、白色まれに淡黄色。

北半球に約70種知られている。

日本の種[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]