コアップガラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コアップガラナ

コアップガラナ(Co-up Guarana)は、1960年ガラナを原材料に誕生した清涼飲料水ガラナ飲料)のこと。

概要[編集]

ブラジル大使館の指導のもと、全国清涼飲料協同組合連合会(現在では、「日本コアップ(株)」として独立)が、「コアップガラナ」を統一商標とし、全国の中小飲料水製造業者が日本人の味覚にあうよう多少のリメイクを加え、炭酸飲料として製造販売したのが第1号である。コカ・コーラ社が全国にボトラー網を構築している頃であり、コカ・コーラに対抗できる清涼飲料水ということでガラナに白羽の矢が立ったといわれている。ほとんどの地域では、コアップガラナは定着しなかったが、コカ・コーラのボトラー設立が他の地域より遅れた北海道では定着したとされる。以来現在に至るまで特に北海道での地サイダーとして特産品的飲料となるほど受け入れられている。

近年入手できるガラス瓶容器は 昭和30年代に京都の舞妓の立ち姿からデザインされた瓶の復刻版。

クレイジーケンバンドの横山剣が愛飲しており PVや楽曲によく使用されている。

従来はフランチャイズ制の下、販売地域が各企業によって限定されていたようだが、近年のインターネットの普及により形骸化し、小原ホッピービバレッジによる寡占状態にあるといえる。

製造会社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]