ゲームジニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The NES Game Genie

ゲームジニーGame Genie)とは、ゲーム機チートを行うための最初期の周辺機器

概要[編集]

ゲームジニーは、Codemastersが開発し、CamericaまたはGaloobが販売したチート用のカートリッジシステムであり、チートしたいゲームのROMカートリッジとゲーム機本体との間に咬ませる形で接続する。最初の製品はNintendo Entertainment System(海外版ファミコン)用のものだったが、その後SNES(スーパーファミコン)、ゲームボーイGenesis(メガドライブ)、ゲームギアなど、あらゆるハードでリリースされた。ゲームジニーは一時的にゲームのデータを書き換え、チートを有効にし、裏技の使用や未使用データの表示などを可能にする。ゲームジニーはユーザーがゲーム機でチートを有効にすることのできる最初の製品であり、世界中で500万台が販売された[1]。ゲーム機第五世代用の多くのエミュレータはゲームジニーをサポートしており、当時の実機で実際に使用されていたのが3本から6本くらいのチートコードだったのに対し、比べ物にならないくらいの大量のゲームジニー用コードを用意している。

ゲーム機第6世代ではゲーム・ジニーは発売されなかったが、Code BreakerGameSharkから似たようなチート用製品が発売された。2012年現在、Hyperkinが「ゲーム・ジニー」のブランドを利用したチートシステムを販売している。

法的問題[編集]

NES用ゲームジニーが発売された際、任天堂は「著作権法に違反している」として販売元のGaloobを訴えた。この訴訟は「Galoob vs. Nintendo」として知られている。裁判の間、アメリカでのゲームジニーの販売は差し止められたが、カナダでは差し止められなかった[2]ため、ゲーム・ジニーは当時のゲーム雑誌で出稿していた広告で"Thank You Canada!"と表示した。結局ゲームジニーは著作権法に違反しているとはされず、任天堂はアメリカでのゲームジニーの販売を止めることはできなかった[3]。訴訟が行われる前、Galoobは任天堂の公式ライセンスを申請していたが、却下されている。

ゲームジニーの販売が合法との判断が下されたため、任天堂は以降のゲームタイトルではROMチェックサムを用いてチートを判別することで対抗した。ROMチェックサムは一時的には効果を収めたが、チェックサムによるチートのチェックをさらに別のチートコードで迂回する対策が取られた。

一方、セガは任天堂とは対照的に、ゲームジニーに公式ライセンスを与えた。その代償に、『ファンタシースター』や『シャイニングフォース』などのセーブ機能を持ったゲームではゲームジニーを使えなくすることを要求した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]