ゲーオア・ブランデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲーオア・ブランデス

ゲーオア・モリス・コーエン・ブランデスGeorg Morris Cohen Brandes1842年2月4日 - 1927年2月19日)は、デンマーク文学史家・批評家である。コペンハーゲン大学教授。

コペンハーゲンユダヤ人の家庭に生まれる。生まれたときの姓名はモリス・コーエン。テーヌコントミルなどの影響を受け、カエサルシェイクスピアヴォルテールゲーテや、同時代の文学についての評論を数多く著し、19世紀末のヨーロッパを代表する文学史家であると評価された。

1877年から1883年にかけてベルリンに滞在した際、レーザロメと交際してニーチェの存在を知った。『善悪の彼岸』や『道徳の系譜』を贈呈されたブランデスは、その思想における禁欲主義民主主義に対しての嫌悪・蔑視に高い関心を示し、「貴族的急進主義」と評価して、それ以来ニーチェとは頻繁に文通を行う知己の仲となった。ブランデスはニーチェにキェルケゴールの存在を知らせ、ストリンドベリイプセンに注目するよう示唆している。それがきっかけでニーチェはストリンドベリとも文通を始めることになった。1888年4月にブランデスはコペンハーゲン大学でニーチェに関する数回にわたる公開講義を行って大成功を収め、ニーチェの名をヨーロッパ(とくにスカンディナヴィア)の知識人たちに広めるのに大きく寄与する役目を果たした。

主著『十九世紀文学主潮史』(1872年 - 1890年)がある。吹田順助訳で1950年代に一部が、創元文庫で刊行された。

日本語訳[編集]

第1巻 亡命文学(吹田順助訳) 『移民文学』春秋文庫 1933
第2‐3巻 独逸浪漫派(吹田順助訳)
第4巻 仏蘭西の反動(茅野蕭々訳)
第5‐6巻 英国に於ける自然主義(柳田泉訳)
第8巻 仏蘭西の浪漫派(内藤濯訳)
第9‐10巻 青春独逸派(茅野蕭々訳)