ゲンティン・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲンティン
Genting Berhad
Genting.svg
種類 株式会社
市場情報 MYX: 3182
本社所在地 マレーシアの旗 マレーシア
クアラルンプール,マレーシア
設立 1965年 (57年前) (1965)
業種 コングロマリット
事業内容 レジャー、不動産、プランテーション事業、発電
主要株主 キェン・ファット・リアルティ
主要子会社 ゲンティン・マレーシア
ゲンティン・シンガポール
ゲンティン香港
ゲンティン・プランテーションズ
関係する人物 林梧桐(創業者)
外部リンク www.genting.com
テンプレートを表示

ゲンティン・グループは、1965年に林梧桐が設立したゲンティン社(Genting Berhad)を実質的な親会社とする企業グループ。カジノ、テーマパーク、ホテル、クルーズラインなどエンターテイメント及びホスピタリティが主事業。

グループ構造[編集]

ゲンティン社が実質の親会社で、投資や関連企業マネージメントを行っている。マレーシア証券取引所に上場している。

  • ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore PLC) – 52.8%をゲンティン社が保有。シンガポールのセントーサ島において、リゾート・ワールド・セントーサを運営する。
  • ゲンティン・マレーシア(Genting Malaysia Berhad) – 49.3%をゲンティン社が保有。マレーシア、イギリス、アメリカにある約40のカジノやホテル・テーマパークを運営している。マレーシア証券取引所に上場している。
  • ゲンティン香港(Genting Hong Kong Limited) – 17.8%をゲンティン社が保有。以前はクルーズ会社のスタークルーズ(Star Cruises Limited)として知られていたが、現在はクルーズラインを複数、造船業、リゾートワールド・マニラなどを運営する企業。香港とシンガポールの証券取引所に上場している[1]
  • ゲンティン・プランテーションズ(Genting Plantations Berhad) – 51.9%をゲンティン社が保有。
  • キェン・ファット・リアルティ(Kien Huat Realty) – 創業者である林梧桐が設立した企業。不動産開発、投資事業を手掛ける。ゲンティン社(Genting Berhad)の39%の株式を保有している[2]

脚注[編集]

  1. ^ Genting Hong Kong”. www.gentinghk.com. 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ Genting Berhad Annual Report 2016, page 174.

外部リンク[編集]