ゲラルト・シオレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲラルト・シオレック
Gerald Ciolek
Cycling (road) pictogram.svg
Gerald Ciolek Nacht von Hannover 2005.jpg
個人情報
本名 Gerald Ciolek
ゲラルト・シオレック
(ゲラルト・ツィオレック)
生年月日 (1986-09-19) 1986年9月19日(31歳)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
身長 179cm
体重 75kg
チーム情報
所属 MTN Qhubeka
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
プロ所属チーム
2005–2006
2007–2008


2009–2010
2011–2012
2013–
AKUD
T-モバイル
チーム・ハイロード
チーム・コロンビア
チーム・ミルラム
クイックステップ
MTN Qhubeka
主要レース勝利
U-23世界選手権 2006
ドイツの旗 ドイツ国内選手権・個人ロード 2005
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間1勝
ミラノ~サンレモ 2013
最終更新日
2013年3月18日

ゲラルト・シオレック(Gerald Ciolek、1986年9月19日- )は、ドイツケルン出身の自転車競技選手。「チオレック」「ツィオレック」「キオレック」などと表記されることもある。2010年にジャパンカップサイクルロードレース出場のため来日した際には、テレビのインタビューで自らの名を「ツィオレック」と発音している。

経歴[編集]

2005年

  • 当時18歳にして、エリック・ツァベルらを破ってドイツ国内選手権・個人ロードレースを制覇。ちなみにドイツ選手権・個人ロードでは最年少優勝記録。

2006年フォード・モーターの後押しを受けてプロ契約選手となった(それまではセミプロ扱い)。

2007年、現在のチーム・コロンビアの前身であるT-モバイルに移籍。

2008年

2009年、チーム・ミルラムに移籍。

2011年、クイックステップ(後のオメガファーマ・クイックステップ)に移籍。

2012年

2013年

タイプ[編集]

強力なスプリント力を持つ選手。2005年のドイツ選手権ではツァベルらを制してあっと言わせたが、2007年のヴァッテンフォール・サイクラシックでは、ツァベルやダヴィデ・レベッリンパオロ・ベッティーニらに先着している。スプリントの際に首が激しく上下に揺れるのが特徴である。

外部リンク[編集]