ゲラニルゲラニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲラニルゲラニオール
識別情報
CAS登録番号 24034-73-9 チェック
PubChem 5281365
ChemSpider 4444726
特性
化学式 C20H34O
モル質量 290.48 g mol−1
外観 Clear liquid
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ゲラニルゲラニオール はいくつかの重要な生化学反応において役割を担うジテルペンアルコールである。他のジテルペンや、ビタミンE生合成における中間体である[1]ゲラニルゲラニル化として知られる翻訳後修飾に利用される。ゲラニルゲラニオールはマルハナバチや各種の他の昆虫におけるフェロモンである[2]

ゲラニルゲラニオールはin vitroにおいて結核菌の阻害作用を示す[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Fatty alcohols, cyberlipid.org
  2. ^ Semiochemical - geranylgeraniol, pherobase.com
  3. ^ Vik, A; James, A; Gundersen, LL (2007). "Screening of terpenes and derivatives for antimycobacterial activity; identification of geranylgeraniol and geranylgeranyl acetate as potent inhibitors of Mycobacterium tuberculosis in vitro". Planta medica 73 (13): 1410–2. doi:10.1055/s-2007-990238. PMID 17924309.