ゲットフルマークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲットフルマークス
Get full marks.jpg
欧字表記 Get Full Marks
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年2月27日(12歳)
登録日 2008年7月17日
抹消日 2012年10月25日
マイネルラヴ
グラブ
母の父 Danzig
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 梅田牧場
馬主 ジェイアール
調教師 河野通文岩戸孝樹戸田博文美浦
競走成績
生涯成績 25戦2勝
獲得賞金 5412万5000円
テンプレートを表示

ゲットフルマークス日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。勝ち鞍に2008年京王杯2歳ステークス。馬名の意味は「満点を取る」。

経歴[編集]

2008年[編集]

8月23日三浦皇成を鞍上に札幌競馬場でデビュー。逃げて3/4馬身差で勝利する。

10月5日、同じくのすずらん賞に出走4番人気で6着に敗れる。11月15日京王杯2歳ステークスからは厩舎が河野通文から岩戸孝樹に転厩となった。14番人気に落としたが見事に逃げ切って優勝した。12月21日中山朝日杯フューチュリティステークスも9番人気もセイウンワンダーの最下位となった。

2009年[編集]

初戦は3月21日ファルコンステークス。距離短縮から5番人気に支持されたが、14着惨敗。続く5月10日NHKマイルカップに14番人気で出走。道中逃げも12着に敗れた。その後、初のダート戦となる6月6日ユニコーンステークスに出走するも16着と殿負けに終わった。その後、8月30日キーンランドカップではスタートから逃げるものの直線で力尽き、15着に終わった。続く10月25日の福島民友カップでは14着、11月15日のオーロカップでは17着、11月28日京阪杯では最下位の18着と大敗が続いた。最終的に、2009年は出走した7戦すべて二桁の着順に敗れて終えている。

2010年[編集]

休養中に準オープンに降級。復帰緒戦は6月26日のテレビユー福島賞に出走したが13着、7月10日のジュライステークスでは3番手追走も直線で力尽きて16着、8月14日の越後ステークスでは好スタートからハナを奪い逃げるも直線で失速し15着、11月7日のみちのくステークスでは最下位の16着と前年同様二桁着順が続いた。

2011年[編集]

緒戦は2月27日のアクアマリンステークス、スタートからハナを奪い逃げたが直線で力尽き15着。休養後5月22日新潟の駿風ステークスで復帰予定だったがゲート内で立ち上がり競走除外。その後、戸田博文厩舎へ転厩となった。転厩初戦の内房ステークスでは14着に終わった。

2012年[編集]

緒戦となった1月9日のサンライズステークスでは、スタートで出遅れ12着。3月3日のスピカステークスでは好スタートからハナを奪い逃げるも失速し最下位11着。続く3月31日の船橋ステークスでは終始後方のまま13着、4月29日の晩春ステークスでも15着と大敗した。5月20日の駿風ステークスでは逃げて2着に粘り、波乱を演出した。その後、テレビユー福島賞は7着、札幌日刊スポーツ杯は15着と凡走した。10月25日付けで競走馬登録を抹消した。引退後は茨城県のムラセファームで乗馬となる。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2008 8. 23 札幌 新馬 14 2.5 (1人) 1着 三浦皇成 52 芝1200m(良) 1:10.5 (35.5) -0.1 (メジロマリアン)
10. 5 札幌 すずらん賞 OP 16 6.9 (4人) 6着 武英智 55 芝1200m(良) 1:11.7 (37.7) 0.3 ルシュクル
11. 15 東京 京王杯2歳S JpnII 15 61.9 (14人) 1着 四位洋文 55 芝1400m(良) 1:21.6 (34.1) -0.2 フィフスペトル
12. 21 中山 朝日杯FS JpnI 16 26.2 (9人) 16着 蛯名正義 55 芝1600m(良) 1:37.4 (38.5) 2.3 セイウンワンダー
2009 3. 21 中京 ファルコンS JpnIII 18 9.6 (5人) 14着 蛯名正義 57 芝1200m(良) 1:09.7 (36.2) 0.8 ジョーカプチーノ
5. 10 東京 NHKマイルC JpnI 18 73.2 (14人) 12着 田中勝春 57 芝1600m(良) 1:33.7 (36.5) 1.3 ジョーカプチーノ
6. 6 東京 ユニコーンS JpnIII 16 15.5 (6人) 16着 田中勝春 56 ダ1600m(不) 1:40.2 (40.9) 4.7 シルクメビウス
8. 30 札幌 キーンランドC GIII 16 56.9 (14人) 15着 田中勝春 53 芝1200m(良) 1:10.1 (36.3) 1.7 ビービーガルダン
10. 25 福島 福島民友C OP 16 44.1 (13人) 14着 上村洋行 54 芝1200m(良) 1:08.7 (35.2) 1.3 ジェイケイセラヴィ
11. 15 東京 オーロC OP 18 134.2 (18人) 17着 横山義行 53 芝1400m(良) 1:22.7 (36.6) 1.9 アイアムカミノマゴ
11. 28 京都 京阪杯 GIII 18 190.2 (18人) 18着 武幸四郎 55 芝1200m(良) 1:09.4 (34.0) 1.8 プレミアムボックス
2010 6. 26 福島 テレビユー福島賞 16 78.2 (14人) 13着 中谷雄太 56 芝1200m(良) 1:08.6 (35.0) 1.1 ショウナンアルバ
7. 10 阪神 ジュライS 18 53.5 (14人) 16着 国分恭介 57 芝1400m(良) 1:22.9 (36.7) 1.2 シゲルハスラット
8. 14 新潟 越後S 15 38.7 (10人) 15着 伊藤工真 55 ダ1200m(不) 1:14.0 (39.3) 3.9 アースサウンド
11. 7 福島 みちのくS 16 57.3 (11人) 16着 二本柳壮 57 芝1200m(良) 1:10.3 (36.1) 1.8 メイビリーヴ
2011 2. 27 中山 アクアマリンS 16 230.8 (16人) 15着 武士沢友治 54 芝1200m(良) 1:08.9 (36.6) 1.5 ゴールドアグリ
5. 22 新潟 駿風S 14 除外 丹内祐次 53 芝1000m(稍) セブンシークィーン
9. 18 中山 内房S 16 248.7 (16人) 14着 西田雄一郎 53 ダ1200m(良) 1:12.9 (37.7) 1.9 アナモリ
2012 1. 9 中山 サンライズS 16 312.7 (15人) 12着 西田雄一郎 57 芝1200m(良) 1:08.8 (33.6) 0.8 ダノンフェアリー
3. 3 中山 スピカS 11 190.6 (11人) 11着 武士沢友治 57 芝1800m(重) 1:52.5 (37.5) 1.7 サトノタイガー
3. 31 中山 船橋S 16 113.5 (14人) 13着 武士沢友治 57 芝1200m(稍) 1:10.7 (34.8) 1.3 マイネルロガール
4. 29 東京 晩春S 16 330.6 (16人) 15着 黛弘人 57 芝1400m(良) 1:21.9 (34.4) 1.2 インプレスウィナー
5. 20 新潟 駿風S 15 48.0 (13人) 2着 黛弘人 52 芝1000m(良) 0:54.6 (32.6) 0.2 アフォード
6. 30 福島 テレビユー福島賞 16 180.4 (12人) 7着 武士沢友治 57 芝1200m(良) 1:09.2 (35.5) 0.3 ジュエルオブナイル
7. 22 札幌 札幌日刊スポーツ杯 16 60.7 (12人) 15着 黛弘人 57 芝1200m(良) 1:10.4 (37.5) 2.5 テイエムオオタカ
10. 21 新潟 轟S 11 20.0 (4人) 4着 西田雄一郎 57 芝1000m(良) 0:55.6 (33.3) 0.9 エバーローズ

血統表[編集]

ゲットフルマークス血統ミスタープロスペクター系 / Northern Dancer 5×3=15.63% Native Dancer 5×5=6.25% (血統表の出典)

*マイネルラヴ
1995 青鹿毛
父の父
Mr. Prospector
1970
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Heart of Joy
1987
*リィフォー Lyphard
Klaizia
Mythographer Secretariat
Arachne

*グラブ
1991 鹿毛
Danzig
1977
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
母の母
Snitch
1984
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Fuchsia Filch No Robbery
Regal Purple F-No.8-g


外部リンク[編集]