ゲッツ棚氷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 南緯74度15分00秒 西経126度30分00秒 / 南緯74.250度 西経126.500度 / -74.250; -126.500

ゲッツ棚氷

ゲッツ棚氷(ゲッツたなごおり、英語: Getz Ice Shelf, GIF[1])は、南極にある棚氷南極大陸西部(西南極)のマリーバードランドにある。

地理[編集]

長さは約480km、幅は約32から96km(20から60マイル)。マクドナルド高地とマーティン半島の間に位置する。いくつかの島が棚氷地域内にある。

歴史[編集]

ゲッツ棚氷が発見されたのは1940年12月のことで、アメリカ合衆国南極局(USAS)によるものであった。詳細が判明しだしたのは1946年から1947年にかけてのアメリカ海軍による南極探検・ハイジャンプ作戦の際に撮影された空中写真によってである。1962年から1965年にかけてはアメリカ地質調査所(USGS)により詳細な地図が作成された。

棚氷の名称はUSASの南極探検の際に水上機を提供したシカゴ在住のジョージ・F・ゲッツ(George F. Getz)にちなむものである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 草原和弥. “棚氷と海洋の相互作用とそのモデリング”. 北海道大学. 2018年6月9日閲覧。