ゲオルク2世 (ヴァルデック侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲオルク2世
Georg II.
ヴァルデック侯
Georg II. Fürst zu Waldeck und Pyrmont.jpg
在位 1813年 - 1845年

出生 (1789-09-20) 1789年9月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of Baden (1^1).svg バーデン辺境伯領ヴァイル
死去 (1845-05-15) 1845年5月15日(55歳没)
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svg ヴァルデック侯国アーロルゼン
配偶者 エンマ
子女 アウグステ
ヨーゼフ
ヘルミーネ
ゲオルク・ヴィクトル
ヴォルラート
家名 ヴァルデック家
父親 ゲオルク1世
母親 アウグステ
テンプレートを表示

ゲオルク2世Georg II., 1789年9月20日 - 1845年5月15日)は、ヴァルデック侯(在位:1813年 - 1845年)。ゲオルク1世の次男。

生涯[編集]

ゲオルク2世は1789年9月20日、ゲオルク1世とその妃であったシュヴァルツブルク=エーベレーベン侯アウグスト2世の娘アウグステ(1768年 - 1849年)の間に第三子としてヴァイルで生まれた。全名はゲオルク・フリードリヒ・ハインリヒ(Georg Friedrich Heinrich)。1813年に父の死去によって侯位に即き、1823年6月26日アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム英語版ヴィクトル2世の娘エンマ(1802年 - 1858年)とシャウムブルクにて結婚した[1]

1832年、ゲオルク2世はドイツ関税同盟に加盟した。

ゲオルク2世は1845年5月15日にアーロルゼン(現ヘッセン州カッセル県ヴァルデック=フランケンベルク郡バート・アーロルゼン)で死去し、侯位は次男のゲオルク・ヴィクトルが嗣いだ。

子女[編集]

妃のエンマ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイムとの間には以下の三男二女をもうけた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ C. Arnold McNaughton, The Book of Kings: A Royal Genealogy, in 3 volumes (London, U.K.: Garnstone Press, 1973), volume 1, page 232. Hereinafter cited as The Book of Kings.
先代
ゲオルク1世
ヴァルデック侯
1813年 - 1845年
次代
ゲオルク・ヴィクトル