ゲオルク・フォン・ローゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲオルク・フォン・ローゼン
Georg von Rosen
Georg von Rosen.jpg
生誕 (1843-02-13) 1843年2月13日
フランスの旗 フランス王国 パリ
死没 1923年3月3日(1923-03-03)(80歳)
 スウェーデン ストックホルム

ゲオルク・フォン・ローゼンローセンとも。Georg von Rosen1843年 - 1923年)は、スウェーデンの画家である。スウェーデンの歴史や北欧神話を題材にした作品で知られている。

経歴[編集]

スウェーデンの外交官を務めていたアドルフ・フォン・ローゼン(Adolf Eugène von Rosen)の息子としてパリに生まれた。父親は後にスウェーデン最初の鉄道の建設に貢献し、「スウェーデン鉄道の父」と称せられることになる人物である。1年ほどのパリの生活の後、スウェーデンに戻った。1857年から1861年の間、スウェーデン王立美術院で学んだ。1862年のロンドン万国博覧会を訪れ、ベルギーの歴史画家、レイズ(Henri Leys または Hendrik Leys)の作品に感銘を受け、1863年にベルギーのレイスのもとを訪ねた。スウェーデンの戻り、展覧会で賞を得た後もエジプト、中東、トルコなどを旅し、1866年にローマに滞在し、その後、再びベルギーにレイスが没する1869年まで留まり、その後、ミュンヘンやイタリアで修行し、1871年にスウェーデンに戻った。

1872年にスウェーデン王立美術院の会員に選ばれ、1874年に美術学校の准教授に任じられ、1880年に教授となった。1881年から1887年の間は校長を務めた。

主な作品[編集]