ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール

ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール(Georg, Graf von Bassewitz-Behr、1900年3月21日1949年1月)は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の将軍。最終階級は親衛隊中将(SS-Gruppenführer)、武装親衛隊中将(Generalleutnant der Waffen-SS)及び警察中将(Generalleutnant der Polizei)。爵位は伯爵(Graf)。

略歴[編集]

1900年、ドイツ帝国領邦メクレンブルク=シュヴェリーン大公国リュッツォウLützow)に貴族騎兵将校の息子として生まれる。第一次世界大戦には歩兵としてドイツ帝国軍に従軍。敗戦後のヴァイマル共和国時代には農業を勉強し、民間の右翼武装組織「鉄兜団」に入隊した。1931年2月1日にナチス党親衛隊(SS)に入隊。親衛隊の自動車部隊の指揮官などを務めた。1935年6月から7月にかけてはアメリカを訪問し、自動車工場などを視察した。ドイツへ帰国後、1936年8月から1941年4月まで親衛隊本部(SS-Hauptamt)の一般親衛隊自動車化部門の部長を務めた。

1940年5月の間、第3SS装甲師団の第6連隊に属する対戦車部隊の指揮官を務めていた時期がある。1941年9月から11月にかけて「東国」親衛隊及び警察高級指導者(HSSPF „Ostland“)ハンス・アドルフ・プリュッツマンの下で勤務し、1941年11月から1942年8月にかけて「ドニエプロペトロフスク」親衛隊及び警察指導者(SSPF „Dnjepropetrowsk“)となり、同地の親衛隊守備隊の指揮にあたった。1942年8月から1943年4月にかけて「モギレフ親衛隊及び警察指導者(SSPF „Mogilew“)に転じた。またこの間の1942年11月から1943年3月にかけて「中央ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rußland-Mitte“) のエーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキーの代理を務めている。

1943年2月にハンブルクを中心にドイツ北部の親衛隊と警察を管轄する「北海」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS und Polizeiführer „Nordsee“)に任命された。4月から「北海」親衛隊上級地区(SS-Oberabschnitt „Nordsee“)司令官を兼務した。以降敗戦までこの2つの地位を保持した。

ドイツの敗戦後、イギリス軍に捕まった後、ソ連へ引き渡された。1949年1月中にソ連での拘禁中に死亡させられたとみられている。

キャリア[編集]

階級[編集]

受章[編集]

参考文献[編集]