ゲオルギー・カトゥアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオルギー・リヴォヴィチ・カトゥアール露語Георгий Львович Катуар, Georgy L'vovich Katuar)またはジョルジュ・カトワール仏語Georges Catoire, 1861年4月27日 モスクワ - 1926年5月21日 同地)はフランス系ロシア人ピアニスト作曲家モスクワ大学数学を専攻し、1884年に際立った名誉を得て卒業。その後まもなく家業に携わったが、けっきょく音楽家に転じた。

ベルリンワグネリアンピアニストカール・クリントヴォルトに師事し、自らもリヒャルト・ワーグナーへの傾倒を深めて1879年にワーグナー協会の会員に加わった。当時はロシア人音楽家にワーグナー嫌いの傾向が見られたため、ワーグナーへの忠誠をきっぱりと誓ったカトゥアールは、いきおい低い評価に甘んぜざるを得なかった。例えばリムスキー=コルサコフ一派は、カトゥアールの作品をほとんど一顧だにしなかった。

カトゥアールのピアノ・ソナタ性格的小品集、いくつかの編曲は、クリントヴォルトの薫陶の賜物である。最も有名なピアノ用のトランスクリプションは、ピョートル・チャイコフスキーの《管弦楽組曲第1番》から「序奏とフーガ」の編曲であり、これはチャイコフスキー自身のお墨付きを得て、ユルゲンソン社から出版された。

カトゥアールはクリントヴォルトの門人ヴィルボルクにも学んだものの、その指導に満足できずに、1885年後半にベルリンのクリントヴォルトに再び師事した。1886年の間モスクワに何度か小旅行に行き、この間にチャイコフスキーの面識を得ている。チャイコフスキーはカトゥアールのピアノのための変奏曲集に非常に打たれ、この青年作曲家に「作曲に専念しないと大罪になるよ」と語ったという。楽譜出版社ユルゲンソンを紹介されたのも、この頃のことだった。カトゥアールは1886年になってもクリントヴォルトにピアノを師事し続けたが、同時にオットー・ティルシュに楽理と作曲を師事。ティルシュの指導法が不満で、フィリップ・ルーファーに鞍替えする。ルーファーの指導は短期間に終わったが、その成果は《弦楽四重奏曲》に見ることができる。

1887年にモスクワに帰郷。クリントヴォルトの推薦を得たにもかかわらず、演奏会ピアニストとしてデビューすることは断わった。チャイコフスキーに再会し、グーベルトやセルゲイ・タネーエフにもベルリン時代の弦楽四重奏曲を見てもらう。3人とも、これは面白い作品だが、テクスチュアに難ありだと述べた。チャイコフスキーから推薦状をもらってサンクトペテルブルクに行き、ニコライ・リムスキー=コルサコフに作曲と楽理を師事できるように取り計らって貰う。チャイコフスキーはリムスキー=コルサコフに宛てて、カトゥアールは「非常に才能に恵まれている(中略)けれども、真剣な勉強が足りません」と述べている。

リムスキー=コルサコフは、一度きりの指導でカトゥアールをリャードフのもとに厄介払いしてしまう。だがその成果は作品2のピアノ曲となって表れた。リャードフの薫陶によってカトゥアールは熟練した対位法や楽式論を身に付けるとともに、愛らしい「奇想曲」作品3などの小品を作曲する。

モスクワに帰ると、アントン・アレンスキーと親交を結ぶ。この間、カトゥアールは、《弦楽四重奏曲第2番》(後に弦楽五重奏曲に改作)とカンタータ《ルサルカ》作品5を作曲する。

カトゥアールが作曲活動に取り掛かったことについて、家族からも友人からも、また音楽家仲間からも支持されず、1899年以降はずっと絶望を味わった揚句に、田舎にこもり、ほとんど作曲から足を洗ってしまう。2年間の隠居の後で、すでに音楽界の友人とはほとんど疎遠になっていたが、隠遁生活の結果として《交響曲》作品7が出来上がった(ちなみにこの作品は、当初は六重奏曲として構想された)。

1919年からモスクワ音楽院作曲科の教授に選ばれ、在任中に楽理や作曲について論文を著した。作曲の高弟にニコライ・ミャスコフスキードミトリー・カバレフスキーがいる。

今も変わらず無名のままではあるものの、ピアノ曲はアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルが、ヴァイオリン・ソナタダヴィッド・オイストラフが録音しており、現在ではマルカンドレ・アムランが積極的にピアノ曲を再評価している。カトゥアールの作風は、チャイコフスキーや、ショパン風だった頃の初期のスクリャービンに似通ったところがあり、ガブリエル・フォーレを連想させなくもない。カトゥアールはヴィルトゥオーゾピアニストであり、超絶技巧や、音色に対する鋭い聴覚を演奏家に要求している。

ジャン・カトワールは作家で音楽家である[1]

主要作品集[編集]

  • 管絃楽曲
    • 交響曲 作品7
    • ピアノ協奏曲 作品21
  • 室内楽曲
    • ピアノ三重奏曲ヘ短調 作品14
    • ヴァイオリン・ソナタ第1番 作品15
    • ピアノ五重奏曲 ハ短調 作品16
    • ヴァイオリン・ソナタ第2番「詩曲」 作品20
    • 弦楽四重奏曲 作品23
    • ヴァイオリンとピアノのための「エレジー」 作品26
    • ピアノ四重奏曲 イ短調 作品31
  • ピアノ曲
    • 3つの小品 Trois Morceaux 作品2
      • 1. Chant intime, E major
      • 2. Loin du Foyer, E♭ major
      • 3. Soiree d'Hiver D major
    • 奇想曲 ホ長調 作品3
  • 6つの小品 Six Morceaux 作品6
      • 1. Rêverie, A major
      • 2. Prélude, G♭ major
      • 3. Scherzo, B♭ major
      • 4. Paysage, A major
      • 5. Intermezzo, B♭ major
      • 6. Contraste, B minor
    • 練習曲「幻影」作品8 Vision (Etude)
    • 5つの小品 Cinq Morceaux 作品10
      • 1. Prelude
      • 2. Prelude
      • 3. Capriccioso
      • 4. Reverie
      • 5. Legende
    • 4つの小品 Quatre Morceaux 作品12
      • 1. Chant du soir
      • 2. Meditation
      • 3. Nocturne
      • 4. Etude fantastique
    • 4つの小品 作品17
    • 黄昏の唄 Chants du Crepuscle 作品24
    • ワルツ 作品30
    • O4つの小品 作品34
      • 1. Poeme
      • 2. Poeme
      • 3. Prelude
      • 4. Etude
    • テンペスト 作品35 Tempete
    • 練習曲 Etude
    • 演奏会用編曲バッハの《パッサカリアとフーガ ハ短調》BWV 582
  • 声楽曲
    • リート 作品1
    • カンタータ《ルサルカ》(独唱、女声合唱、管弦楽のための) 作品5
    • アプーフチン歌曲集 作品9
    • リート集 作品11
    • チューチェフ歌曲集 作品19
    • チューチェフ歌曲集 作品29
    • 歌曲集 作品32
    • ソロヴィヨフ歌曲集 作品33

脚注[編集]

外部リンク[編集]