ゲオルギ・キョセイヴァノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲオルギ・イヴァノフ・キョセイヴァノフブルガリア語: Георги Иванов Кьосейванов, ラテン文字転写: Georgi Ivanov Kyoseivanov1884年1月19日 - 1960年7月27日)は、ブルガリアの軍人、外交官。外務相、首相(1935年11月23日 - 1940年2月15日)を歴任。

ペシテラ出身。1905年、パリ大学法学部で教育を受ける。ブルガリア帰国後、外務省に入省。1912年からローマ、1913年~1915年、イスタンブール、1918年~1920年、ベルン、1920年からベルリン、1923年~1924年、パリで勤務。1924年から駐ブカレスト外交使節団団長。1929年~1931年、駐アテネ、1931年、駐ブカレスト、1932年~1934年、駐ベオグラード全権大使。

クーデター後、1934年5月19日にソフィアに召還。アンドレイ・トシェフ政権において、1934年4月21日から外務・信仰相。1935年11月23日、ボリス3世にのみ従属する無党派政府の議長に任命されると同時に、外務相を兼任。首相在任時、隣国との友好関係確立に努め、1937年、ユーゴスラビアと永遠の友好条約、1938年、バルカン諸国とソルン協定を締結した。ソ連とは、航空路開設協定(1939年12月11日)、貿易航行協定(1940年1月5日)等を締結した。

1940年2月15日、ボグダン・フィロフと交代し、駐ベルン大使に任命。第二次世界大戦中、駐スイス大使を務めた。1944年10月1日に罷免されたが、ブルガリアには帰国しなかった。

スイスで死去。


公職
先代:
アンドレイ・トシェフ
ブルガリアの旗 ブルガリア王国
閣僚評議会議長

第38代:1935 - 1940
次代:
ボグダン・フィロフ