ゲイラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯1度19分14.2秒 東経103度53分12.9秒

ゲイラン
Geylang Planning Area locator map.png
中国語
繁体字 芽籠
簡体字 芽笼
マレー語
マレー語 Geylang
タミル語
タミル語 கேலாங்
ゲイラン地区の通り

ゲイランは、シンガポールの中心部からやや東にある地区の名前。シンガポール川の東に位置しており、シンガポール政府公認の売春地区である。

概要[編集]

ゲイラン地区は2010年代に至っても都市再開発がなされず、1960年代 - 1970年代の古い町並みが残されており、ジェントリフィケーションの影響もあまり見られない[要出典]。昔ながらの歓楽街であり、カラオケ、安宿街、安くて美味い不衛生な食堂、外国人労働者居住地区などが集まる[1]。政府観光局が注力するゴミひとつ落ちていない都心部とはまったく違った、東南アジアらしい風情を味わえる街である。

風俗産業が公娼として合法化されている地区であり[1]、主に中国タイベトナムなど、近隣の他国から出稼者が従事している。数百の合法、非合法の売春宿が軒を連ねている。合法の売春宿は家番号が大きく鮮やかな赤色で書かれており、見分けが付くようになっている。14時から翌3時頃まで営業している[要出典]

治安が良いイメージのシンガポールにおいて、リトル・インディアと並び、ゲイラン地区の治安は良くない。堂々と路上賭博が行われているロロン(小道)もあり、格安ホテルにつられて女性が一人で観光、宿泊するのは危険とされる[2]

交通[編集]

スポーツ[編集]

サッカーシンガポールプレミアリーグにおいて、ゲイランの名を冠したゲイラン・インターナショナルFCがある。但しホームはゲイラン地区に隣接するベドック地区のベドック・スタジアムである[3]エプソン・シンガポールが2016年からスポンサー契約を行っている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b シンガポールの治安・危険情報 - How Travel(2018年3月9日配信、2018年8月17日閲覧)
  2. ^ 高級リゾートだけじゃない!シンガポール闇カジノのアツさ - 東スポWeb(2017年1月21日配信、2018年8月17日閲覧)
  3. ^ a b エプソンがSリーグ・ゲイランFCのメインスポンサーに - アジアサッカー研究所(2016年2月12日配信、2018年8月17日閲覧)

関連項目[編集]