ゲァハルト・レームブルッフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲアハルト・レームブルッフ
人物情報
全名 Gerhard Lehmbruch
生誕 (1928-04-15) 1928年4月15日(91歳)
 プロイセン王国 ケーニヒスベルク
学問
研究分野 政治学
研究機関 ハイデルベルク大学テュービンゲン大学コンスタンツ大学
テンプレートを表示

ゲァハルト・レームブルッフ(Gerhard Lehmbruch, 1928年4月15日 - )は、ドイツ政治学者

プロイセン王国ケーニヒスベルクに生まれ、ベルリンテュービンゲンゲッティンゲンバーゼルパリ神学哲学政治学社会学を学び、テュービンゲン大学博士号および教授資格取得。ハイデルベルク大学にて教えた後、1973年にテュービンゲン大学へ教授として招聘された。その後、1978年コンスタンツ大学へ招聘され、1996年に退官。

著書[編集]

  • Ph. C. シュミッター・G. レームブルッフ編『現代コーポラティズム1――団体統合主義の政治とその理論』山口定監訳、高橋進辻中豊坪郷実共訳、木鐸社、1984年/1997年
  • Ph. C. シュミッター・G. レームブルッフ編『現代コーポラティズム2――先進諸国の比較分析』山口定監訳、高橋進・辻中豊・藪野祐三・阪野智一・河越弘明訳、木鐸社、1986年/1997年
  • G.レームブルッフ、J.ブロンデル、H.ダールダーほか『西欧比較政治――データ/キーワード/リーディングス』加藤秀治郎編、一藝社、2002年/第2版2004年
  • ゲルハルト・レームブルッフ『ヨーロッパ比較政治発展論』平島健司編訳、東京大学出版会、2004年

関連項目[編集]