ケン・リベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケネス・アラン・“ケン”・リベット(Kenneth Alan Ribet, 1947年6月28日 - )は、アメリカ合衆国数学者カリフォルニア大学バークレー校教授。数論と数論的代数幾何学を研究。

1986年夏、フライ・セールのイプシロン予想を解決した(フェルマー予想谷山・志村予想の系であることを証明)。この際、最後の段階ではバリー・メイザーの助言があったと言われる[1]

この業績が直接のきっかけとなって、アンドリュー・ワイルズによるフェルマー予想の解決がもたらされた。

出典[編集]

  1. ^ サイモン・シン 『フェルマーの最終定理』 青木薫訳、新潮社〈新潮文庫〉、2006年6月、311-314頁。ISBN 4-10-215971-1

外部リンク[編集]