ケン・アスプロモンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケン・アスプロモンテ
Ken Aspromonte
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
生年月日 (1931-09-22) 1931年9月22日(87歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1950年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1957年9月2日
NPB / 1964年5月6日
最終出場 MLB / 1963年6月21日
NPB / 1966年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • クリーブランド・インディアンス (1972 - 1974)

ケネス・ジョセフ・アスプロモンテKenneth Joseph Aspromonte, 1931年9月22日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身の元プロ野球選手内野手)・監督

NPBでの登録名アスプロ

ヒューストン・アストロズなどでプレーしたボブ・アスプロモンテ英語版は弟。

来歴・人物[編集]

ラファイエット高校を経て、1950年ボストン・レッドソックスと契約。1957年メジャー初昇格。1958年シーズン途中にワシントン・セネタース(後のミネソタ・ツインズ)、1960年シーズン途中にクリーブランド・インディアンス1961年ロサンゼルス・エンゼルス、同年シーズン途中に再びインディアンス、1962年シーズン途中にミルウォーキー・ブレーブス1963年シカゴ・カブスと6球団を転々とした。

1964年NPB中日ドラゴンズに入団。主に遊撃手としてプレーした。大人しい頭脳的なプレイヤーで、華麗な守備とチームバッティングで人気を博した[1]。しかしながら翌1965年シーズン中のある試合にて二回続けて三振を取られたことから球審に激しく抗議しバットを放り投げ相手捕手を危うく殴りかけ、更にはベンチでも怒りが収まらず椅子を蹴飛ばし冷水器をひっくり返す大暴れ、そしてその態度が西沢道夫監督の逆鱗に触れたことから同監督より追って沙汰があるまでユニフォームを着ることはまかりならぬ、と通告されてしまう。後日コーチのアドバイスを受け入れ西沢監督の自宅を自ら訪れ謝罪したことから5万円の罰金(NPBの外国人選手として初めて支払った罰金でもある[1])を支払うことで復帰を許されたものの[2]、結局成績も伸び悩んだことから同年限りで中日を解雇となり、1966年大洋ホエールズに移籍。大洋でも目立った成績を残せずに同年限りで解雇となり、帰国した。

帰国後、1969年から1971年までインディアンス傘下のマイナーチームの監督を務め、1972年から1974年までインディアンスの監督を務めた。インディアンス監督時代には、日本独特の戦法とされる「偵察オーダー」を用いた打順を組むなどしていた。

監督退任後はヒューストンでビール会社に勤務した[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1957 BOS 24 96 78 9 21 5 0 0 26 4 0 1 0 1 17 0 0 10 3 .269 .396 .333 .729
1958 6 19 16 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 3 0 0 1 1 .125 .263 .125 .388
WS2 92 282 253 15 57 9 1 5 83 27 1 1 2 1 25 1 1 28 10 .225 .296 .328 .624
'58計 98 301 269 15 59 9 1 5 85 27 1 1 2 1 28 1 1 29 11 .219 .294 .316 .610
1959 70 255 225 31 55 12 0 2 73 14 2 1 3 1 26 0 0 39 9 .244 .321 .324 .646
1960 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
CLE 117 521 459 65 133 20 1 10 185 48 4 1 4 3 53 0 2 32 11 .290 .364 .403 .767
'60計 121 524 462 65 133 20 1 10 185 48 4 1 4 3 53 0 2 33 11 .288 .362 .400 .762
1961 LAA 66 276 238 29 53 10 0 2 69 14 0 0 3 0 33 1 2 21 5 .223 .322 .290 .612
CLE 22 78 70 5 16 6 1 0 24 5 0 0 1 1 6 0 0 3 3 .229 .286 .343 .629
'61計 88 354 308 34 69 16 1 2 93 19 0 0 4 1 39 1 2 24 8 .224 .314 .302 .616
1962 20 35 28 4 4 2 0 0 6 1 0 0 0 1 6 1 0 5 0 .143 .286 .214 .500
MLN 34 88 79 11 23 2 0 0 25 7 0 1 0 2 6 0 1 5 6 .291 .341 .316 .657
'62計 54 123 107 15 27 4 0 0 31 8 0 1 0 3 12 1 1 10 6 .252 .325 .290 .615
1963 CHC 20 38 34 2 5 3 0 0 8 4 0 0 0 0 4 1 0 4 1 .147 .237 .235 .472
1964 中日 101 355 316 35 89 14 1 12 141 42 1 3 0 4 35 0 0 25 11 .282 .349 .446 .795
1965 78 277 254 27 65 19 1 8 110 38 0 1 0 4 16 1 3 17 8 .256 .303 .433 .736
1966 大洋 116 396 373 34 103 20 0 11 156 40 1 1 1 3 17 1 2 32 11 .276 .309 .418 .727
MLB:7年 475 1691 1483 171 369 69 3 19 501 124 7 5 13 10 179 4 6 149 49 .249 .330 .338 .668
NPB:3年 295 1028 943 96 257 53 2 31 407 120 2 5 1 11 68 2 5 74 30 .273 .321 .432 .753

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 勝率
1972 CLE 5位 156 72 84 .462
1973 6位 162 71 91 .438
1974 4位 162 77 85 .475
通算:3年 480 220 260 .458

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 7 (1957年 - 1958年途中)
  • 4 (1958年途中 - 1960年途中、1964年 - 1965年)
  • 2 (1960年途中 - 同年終了、1961年途中 - 1962年途中、1972年 - 1974年)
  • 11 (1961年 - 同年途中)
  • 25 (1962年途中 - 同年終了)
  • 12 (1963年 - 同年途中)
  • 15 (1963年途中 - 同年終了)
  • 3 (1966年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 新宮正春著『プロ野球を創った名選手・異色選手400人』493頁、講談社、1999年5月15日
  2. ^ ロバート・ホワイティング著・松井みどり訳『菊とバット 完全版』248頁、早川書房、2005年1月20日
  3. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、13ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]