ケンブリッジ大学英語検定機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cambridge Assessment English
設立年 1913年
種類 NPO
目的 試験委員会
本部 英国ケンブリッジ
貢献地域 全世界130カ国
メンバー 40,000以上の認可センター
親組織 ケンブリッジ大学試験機構
ウェブサイト www.cambridgeenglish.org www.facebook.com/CambridgeEnglish
過去名 Cambridge English Language Assessment / University of Cambridge ESOL Examinations (Cambridge ESOL) / University of Cambridge Local Examinations Syndicate (UCLES)

ケンブリッジ大学英語検定機構(Cambridge Assessment English)は、外国語としての英語熟達度を測る試験を提供する組織。英国ケンブリッジ大学の一部門であり、非営利組織[1]であるケンブリッジ大学英語検定機構(the University of Cambridge Local Examinations Syndicate (UCLES))を通じて検定試験を行っている。

規模[編集]

  • 年間受験者数:500万人以上
  • 使用国数:130カ国以上

日本ケンブリッジ英語検定機構[編集]

ケンブリッジ大学英語検定機構と学校法人河合塾は2018年7月13日、一般財団法人 日本ケンブリッジ英語検定機構(Cambridge Assessment Japan Foundation)の設立を発表した[2]。2019年度には、for schoolsを含むA2 Key、B1 Preliminary、B2 First、C1 Advanced、C2 Proficiencyの各試験を公開テストとして全国で実施する[2]

種類[編集]

ケンブリッジ英語検定[編集]

Cambridge English Qualifications[3]。2017年9月に名称変更があり、KET、PET、FCE、CAE、CPEなどの略称の使用は段階的に廃止される[4]。「for schools」は、英語の難易度は同じで、扱うトピックスが中高生向け[5]

  • 児童・学生対象(Young Learners); YLE
  • Pre A1 Starters, A1 Movers, A2 Flyers
  • (児童・)学生対象
  • A2 Key for Schools(KET), B1 Preliminary for Schools(PET), B2 First for Schools(FCE), C1 Advancesd(CAE), C2Proloficiency(CPE)
  • 社会人および大学生等対象
  • A2 Key(KET), B1 Preliminary(PET), B2 First(FCE), C1 Advancesd(CAE), C2 Proloficiency(CPE)
  • ビジネスパーソン対象
  • B1 Business Preliminary(BEC), B2 Business Vantage (BEC), C1 Business Higher (BEC)

マルチレベル・テスト[編集]

Multilevel Tests。ケンブリッジ英語検定のようにレベル分けされていない、1つのスケールで測るテスト。

  • IELTS
International English Language Testing System。海外留学、移住、就職のための能力を証明する試験。
  • BULATS
Business Language Test、ブラッツ。ビジネス、工業、商業向けの英語力を評価する柔軟なオンラインテスト(CBT)。
  • Linguaskill
リンガスキル。BULATSをベースに開発されたオンラインテスト[6]で、2018年に開始された。

英語教授法認定資格とコース[編集]

  1. Language for Teaching (オンライン学習、習熟度テスト)
  2. CELTA (Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages) (オンライン学習、授業観察)
  3. TKT (Teaching Knowledge Test) (選択式の筆記試験)
  4. CELT-P (Certificate in English Language Teaching – Primary) (オンライン学習、筆記試験(TKT: YL),、授業観察)
  5. CELT-S (Certificate in English Language Teaching – Secondary) (オンライン学習、筆記試験(TKT: Module 1),、授業観察)
  6. ICELT (In-Service Certificate in English Language Teaching) (現職教師向けの対面式コース、2020年7月開始予定)
  7. Delta (Diploma in Teaching English to Speakers of Other Languages) (経験豊富な英語教師向けのコース)
  8. Certificate in EMI Skills (English as a Medium of Instruction) (英語を母語としない教師向け、オンライン学習、オプションで対面式)
  9. Train the Trainer (CELT-P、CELT-S、Language for Teachingの指導者向け、対面式)

2018年度(平成30年度)文部科学省英語教員対象特別受験制度では、小中高校の英語指導者が、前述のケンブリッジ英語検定および上記3.、5.などを特別価格で受験・受講できた[7][8]

かつての分類[編集]

一般英語[編集]

学校用英語[編集]

ビジネス用英語[編集]

  • BEC (Business English Certificates)
  • BULATS (Business Language Testing Service)

法律用英語[編集]

  • ILEC (International Legal English Certificate)

学術用英語[編集]

  • IELTS (International English Language Testing System)

若者学習者用英語[編集]

生活用英語[編集]

  • Certificates in ESOL Skills for Life

教員用試験[編集]

  • TKT (Teaching Knowledge Test):
    • TKT: Practical
    • TKT: Content and Language Integrated Learning
    • TKT: Knowledge About Language
    • TKT: YLE

財務用英語[編集]

  • International Certificate in Financial English (ICFE)
英国勅許公認会計士(Chartered Certified Accountant, ACCA/FCCA)との共同設置

以前行われていた試験[編集]

  • CELS (Certificates in English Language Skills)

主なケンブリッジ英検の習熟度比較表[編集]

ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)を基準とした比較
CEFR ケンブリッジ英検
一般
ケンブリッジ英検
学術英語(IELTS)[9]
ケンブリッジ英検
ビジネス英語(BULATS)
ケンブリッジ英検
ビジネス英語(BEC)
ケンブリッジ英検
法律英語
ケンブリッジ英検
財務英語
TOEFL (iBT)[10] 日本の英検(STEP)[11]
C2 CPE 判定不能 判定不能 判定不能 判定不能
C1 CAE 7 - 9 75-90 Business Higer ILEC ICFE 95以上 1級
B2 FCE 5.0 - 6.5 60-75 Business Vantage ILEC ICFE 72-95 準1級
B1 PET 4 - 5 40-60 Business Preliminary 42-71 2級
A2 KET 判定不能 20-40 判定不能 準2級
A1 判定不能 判定不能 5級-3級

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]