ケンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ケンジェル
Khendjer
ケンジェルの名が刻まれたステラ
ケンジェルの名が刻まれたステラ
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前1747年頃?,エジプト第13王朝
前王 ウガエフ
次王 イミロメシャ
埋葬地 サッカラ

ケンジェル(Khendjer, 在位:紀元前1747年頃?あるいは前1464年頃? - 1459年頃?)は、古代エジプト第13王朝の17代あるいは21代ファラオ(王)

即位名はウセルカラー。第13王朝の王たちの中では比較的多くの記録が残っている。サッカラに築かれた小規模なピラミッドがケンジェルのものと特定されており[1] [2]アビドスにもオシリスを祀る神殿を築いた事が分かっている。これは当時の王が依然として建築事業を行うだけの権力を保持していたらしい事を覗わせる資料となっている。治世5年目のナイル川の氾濫について言及された記録が残っていることから、少なくとも4年以上は統治したと考えられる[3][4]

ケンジェルという名前は非エジプト的な響きを持っているため、彼の素性についてしばし議論されている。一部の研究者はセム系言語で「イノシシ」を意味する単語h(n)zrとの類似性を指摘し[5]、セム系民族の血を引く最も古い王と考えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ クレイトン,p.117
  2. ^ 屋形ら 1998, p.442
  3. ^ クレイトン,p.118
  4. ^ Ryholt, p.193
  5. ^ Ryholt, p.220

参考文献[編集]

  • ピーター・クレイトン 『古代エジプトファラオ歴代誌』 吉村作治監修、藤沢邦子訳、創元社1999年4月ISBN 978-4-422-21512-9
  • エイダン・ドドソン、ディアン・ヒルトン 『全系図付エジプト歴代王朝史』 池田裕訳、東洋書林2012年5月ISBN 978-4-88721-798-0
  • K.S.B. Ryholt, The Political Situation in Egypt during the Second Intermediate Period, c.1800-1550 BC (Carsten Niebuhr Institute Publications, vol. 20. Copenhagen: Museum Tusculanum Press, 1997).
  • Darrell D. Baker: The Encyclopedia of the Pharaohs: Volume I - Predynastic to the Twentieth Dynasty 3300-1069 BC, Stacey International, ISBN 978-1-905299-37-9, 2008
先代:
セベクヘテプ2世
あるいはウガエフ
古代エジプト王
前1747年?
次代:
イミロメシャ