16文キック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケンカキックから転送)
移動先: 案内検索
ジ・アンダーテイカーによるビッグ・ブーツ。

16文キック(じゅうろくもんキック)は、プロレス技における蹴り技の一種である。

この名称は日本人レスラーで最初に、この技を必殺技としたジャイアント馬場が使用した時にのみ適用されて一般的にはハイキック(ただし、横から蹴る本来のハイキックと区別するためフロント・ハイキックとも呼ばれる)と言われる。アメリカ合衆国などではビッグ・ブーツとも呼ばれる。カウンターで使用された場合はカウンター・キックとも呼ばれる。

概要[編集]

ジャイアント馬場の代名詞的必殺技。相手をロープに向かってハンマースルーして左足を振り上げてロープから帰ってきた相手の顔面を左足の裏で蹴り飛ばす。馬場の利き足は右足だが左足を高く上げて蹴る。理由は野球(投手)出身であるジャイアント馬場の右投げの投球フォームがもとになっており、「咄嗟にキックを出したら自然と左足で蹴っていた」と語っている。たまに右足で蹴ることもあったという。

主にカウンターで用いられて全盛期では、この技でフォールを奪えるほどの威力を誇った。他にも至近距離から出したり、自ら走り込んで繰り出すこともあった。

後年には「ただ突っ立って反動で戻ってくる相手に足を当てているだけ」というような揶揄も生まれたが実際のところ馬場のように真っ直ぐに立った状態で片足を高く上げて相手を蹴るのは難しい。日本プロレスで馬場とタッグを組んでいた時代の坂口征二も馬場と同様のキックをよく行っていたが腰が曲がり足も真っ直ぐ伸びていない場合が多かった。もっとも馬場も最晩年になり、体力の衰えが顕著になるとコーナーやロープにもたれかかった状態で仕掛けることが多くなった。

ビル・ロビンソンブルーザー・ブロディはロープから戻ってくる時に馬場の足をキャッチして16文キックを防いだことがある。

エピソード[編集]

この16文キックはジャイアント馬場がアメリカで修行していた頃にスカル・マーフィーからアドバイスを受けて身につけたといわれる。日本での技の呼び名は馬場の足のサイズに由来。馬場の靴のサイズはアメリカのサイズ規格の16号に相当。当時の新聞記者が、この数字を昔の日本の靴などの大きさを示す(もん)と間違えて表記したことから「16文キック」と呼ばれるようになった。なお、一文は約2.4cmである。これから計算すると16文は約38.4cmになる(実際の馬場の足の大きさは32cm前後であったため、実際は約14文ということになる)。

日本人レスラーで馬場と並ぶような足の大きな選手は他におらず、都合、16文キックは馬場のみが使う技となり(他の選手が使用した場合、後述する同型技の項目で挙げられた技名が用いられる)、日本での馬場の代名詞ともなった。例として馬場が全日本プロレス中継で解説を務めた時に「十六文解説」と称されるなど。

同型技[編集]

フロント・ハイキック[編集]

自身の片足を高々と持ち上げて相手の顔面や胸板を足の裏で蹴り飛ばす。単にハイキックと呼ばれることも多い。ただし、横方向から蹴りつける一般的なハイキックとはフォーム、効果が異なる。

ビッグ・ブーツ[編集]

助走をつけて自身の片足をマットと水平の高さまで持ち上げて相手の顔面を突き出した足の裏で蹴り飛ばす。

キングコング・キック[編集]

ブルーザー・ブロディが使用する蹴るときの動きが違うビッグ・ブーツ。

ジャンボ・キック[編集]

ジャンボ鶴田が使用するフロント・ハイキック。旧名称は15文キック

顔面ハイキック[編集]

川田利明が助走をつけて使用する顔面へのフロント・ハイキック。

18文キック[編集]

アンドレ・ザ・ジャイアントが使用するフロント・ハイキック。

スパイダー・キック[編集]

アーニー・ラッドが使用するビッグ・ブーツ。

カウンター・キック[編集]

走ってきた相手にカウンターで使用するフロント・ハイキックとビッグ・ブーツ。

派生技[編集]

ケンカ・キック[編集]

ヤクザ・キックとも呼ばれる。蝶野正洋のオリジナル技。助走をつけて相手の正面に近づいたところで右足を振り上げて体を左方向へと軽く傾けながら右足を振り抜いて相手の顔面を右足の裏で蹴り飛ばす。見た目が映画などでヤクザが使う蹴りに似ていたのでヤクザ・キックと命名されたがテレビや雑誌で「ヤクザ」という名はコードに引っかかるなど、不適切なため、「ヤクザ=喧嘩」のイメージから技名がケンカ・キックに改称された。なお、前述以外のメディアではヤクザ・キックと呼称される場合もある。派生技として蝶野が助走をつけて左膝をついた相手に正面から近づいて相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして空中で振り上げた右足の裏で相手の顔面を蹴り飛ばすのをシャイニング・ケンカ・キック望月成晃が相手の動きを止めて相手の正面にあるロープへと跳んで助走をつけて相手の側まで戻ってきたところで左足を踏み切りジャンプして体を後ろに傾けながら右足をマットと水平に突き出して相手の顔面を右足の裏で蹴り飛ばすのをスーパー・ケンカ・キック土井成樹が膝をついた相手に助走をつけて相手に近づいて相手の顔面に低空スーパー・ケンカ・キックで蹴り飛ばすのをバカタレ・スライディング・キックの名称で使用。

ダイナミック・キック[編集]

大開脚キックとも呼ばれる。田上明が使用するジャンピング・フロント・ハイキック。

バイシクル・キック[編集]

二段蹴りとも呼ばれる。助走をつけて相手の正面で左足を軽く振り上げるようにジャンプして左足を振り下ろした反動を利用して空中で右足を振り上げて右足の裏で相手の顎や顔面を蹴り飛ばす。

30文キック[編集]

ジャンボ鶴田がタッグマッチで使用する合体ビッグ・ブーツ。もともと、鶴田はジャイアント馬場とタッグを組んだ試合で、お付き合いの技としてフロント・ハイキックを打つ場合が多かったが後にシングルマッチでも、つなぎ技として使用するようになった。それは当初、馬場に1文遠慮して15文キックと呼ばれていた。なお、馬場は坂口征二とタッグを組んだ試合でも、この技を使用していた。

32文ロケット砲[編集]

ジャイアント馬場が使用するドロップキック

関連項目[編集]