ケロリン桶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国の銭湯や浴場で使われているケロリン桶、直径225mmの関東仕様

ケロリン桶(ケロリンおけ)とは、全国の銭湯公衆浴場で使用されている黄色いプラスチック製の湯桶1963年内外薬品株式会社の鎮痛薬ケロリンの広告媒体として製造された。以降、公衆浴場銭湯温泉地の浴場)に置かれ、現在も湯桶の定番として全国で使われている。

湯桶の広告[編集]

睦和商事の営業担当の提案より考案され[1]、睦和商事に委託する形で提供を開始した[2]

1963年当時の銭湯は木製の湯桶を使用していたが、、ケロリン桶は衛生面と壊れにくさを考慮して素材にプラスチックを採用した。ちょうど木桶が衛生問題より合成樹脂製の桶に切り替わる時期で、広く広まった[1]。当初は白色の桶が使われていたが、湯垢による汚れが目立つため、黄色い桶に改められた[1]。また文字が消えないように印刷はプラスチックの表面ではなく内部に埋め込んだ形のキクプリントという技術を採用した。

元来が湯桶を使った広告であるため、「ケロリン」に限らず他の商標などがプリントされた同型の湯桶も存在するが、希少である。

また桶以外にもバスタオルや足ふきマットなどの「ケロリングッズ」が、銭湯向けだけでなく一般向けにも販売されている。

湯桶のサイズ[編集]

ケロリン桶には関東用と関西用の2種類のサイズがある。

  • 関東用 - 直径225mm×高さ115mm
  • 関西用 - 直径210mm×高さ100mm

このように、関西用の方が少し小さい[1]。これは、関西には湯舟(浴槽)から桶でかけ湯[注 1]をする習慣があり、関東用を使った場合、湯が入りすぎて重くなってしまうためである[1]

全国に広がったケロリン桶[編集]

石川県金沢市の金城温泉の家族風呂、ケロリン桶が見える

ケロリン桶は最初東京駅八重洲口にある東京温泉で使われたが、その後全国の銭湯に広がった。銭湯以外にも全国の温泉ゴルフ場の浴場、ユースホステル民宿の風呂でも使われている。また富山県の空港高速道路サービスエリアでグッズ販売されている。

アニメキャラクターとのコラボ

2010年代には二つのアニメ作品に登場するキャラクターが描かれたケロリン桶が発売されている(いわゆるコラボ商品)。両作品とも漫画家・吉崎観音が関わっているという共通点がある。

  • 2013年 - 『ケロロ軍曹』の主人公・ケロロが描かれた「ケロロ&ケロリン桶」が発売。通常品同様「関東版」「関西版」の二種が用意されている。吉崎は原作の漫画を描いた。
  • 2017年 - 『けものフレンズ』に登場する「フレンズ」キャラの二人・キタキツネギンギツネが描かれたコラボ桶がネット限定発売[3]。(同年のAnimeJapanで先行発売)。吉崎は作品全体のコンセプトデザインを担当。

販売元の変更[編集]

1963年以来、約半世紀にわたって内外商事から委託される形で睦和商事が桶を販売・配布展開してきた(生産は外部企業に委託)。しかし、2013年平成25年)1月末、それまで内外薬品から委託されていた睦和商事が需要の落ち込みにより事業を停止。同年3月14日に、再度の資金ショートを起こし経営破綻した。2012年末以降、ケロリン湯桶の販売・配布展開については内外薬品によって行われている[2][4]。ケロリン湯桶は1週間に1,020個製造されている[5][6]

木製桶[編集]

前記の通り、登場当時に一般的だった木製桶を置き換える形でプラスチックで製造されたケロリン桶であるが、2015年3月の北陸新幹線金沢開業を機会に、長野県産の木材(サワラ)を使用した桶が製造・販売された[7]。サイズはプラスチック製(関東用)より大きい直径240mm、重量も50g重い410gである[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 入浴関連の語、温泉用語] 入浴槽(湯舟)に入る前に体の汚れを洗い流すこと、および、湯の高温に体を慣らすことを目的として、体に湯を浴びる行為。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]