けろけろけろっぴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケロケロケロッピから転送)
移動先: 案内検索
けろけろけろっぴ
KEROKEROKEROPPI
名称 けろけろけろっぴ
英語名称 KEROKEROKEROPPI
モチーフ カエル
発売年 1987年
キャラクター大賞順位 1位(第5回)
愛称 けろっぴ
関連キャラクター ぴっき
ころっぴ
けろりーぬ
ガンタ
きょろすけ
ノーベルン
てるてる
でんでん
出演 けろけろけろっぴの大冒険
はすのうえタウン危機一髪!
誕生日 7月10日
公式サイト けろけろけろっぴプロフィール

けろけろけろっぴラテン文字表記:Kero Kero Keroppi)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。

主人公のはすの上 けろっぴは、元気なカエルの男の子。男女兼用キャラクターに属する[1]

来歴[編集]

梅雨のプロモーション企画として[2]1987年にキャラクター開発[3]。第1号グッズの販売は1988年6月。1989年末にはサンリオではハローキティみんなのたあ坊に次いで第3位の人気・売り上げを計上するキャラクターに成長[4]。ピーク時には年間300億円を売り上げた[1]

人気がピークだったのは1990年[1]。同年度の『いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」で、けろっぴが1位を獲得している[5]

1990年代後半には日本での新規のグッズ展開は殆ど無くなっていたが(ライセンス商品の発売は続けられたほか、米国等でもグッズ展開が続いていた)、2005年7月、対象年齢を幼児・小学校低学年に下げて、デザインを現代風にアレンジされたキャラクターグッズや絵本・DVDが発売開始された。新キャラクターも追加されている[1]

2006年10月から2007年3月まで、「キティズパラダイスPLUS」内でショートアニメ『けろけろけろっぴ はすのうえタウン危機一髪!』が放送されていた。

設定[編集]

はすの上家[編集]

はすの上 けろっぴ[6][2](Keroppi)
主人公。ドーナツ池の「けろけろハウス」に住んでいる。性格は元気でおっちょこちょい。また挫けることがあってもすぐに立ち直る[7]。歌と冒険が大好き。誕生日は7月10日[8]
はすの上 ぴっき(Picky)
けろっぴの姉。
はすの上 ころっぴ(Koroppi)
けろっぴの弟。
おとうさん
医者で「はすの上いいん」を運営している。釣りが趣味。
おかあさん
料理が上手で小さなレストランを経営している。
おじいさん[9]
けろっぴ兄弟たちと仲が良い物知りなおじいさん。

友達[編集]

けろりーぬ(Keroleen)
けろっぴのガールフレンド[9]
ガンタ(Ganta)
けろっぴの友達。ガキ大将。
きょろすけ(Kyorosuke)
けろっぴの友達。背が高くて面長。
ノーベルン(Noberun)
けろっぴの友達。メガネをかけた博識。
けろっぺ(Keropee)
けろっぴのいとこ。アニメ版では、けろっぴの従兄弟という設定である。
てるてる(Teruteru)
てるてるぼうずの女の子。赤いリボンがトレードマーク。
でんでん(Den Den)
かたつむり。「でんでん」としか喋らない男の子。

2005年に追加されたキャラクター[編集]

ガメガメダダ
発明家
ガメッピ
ガメガメダダの孫
ギャルッピ
ガメッピの妹

声優[編集]

けろっぴの声優はほとんどのアニメ作品、ミュージカル、テレビ番組などでは松尾佳子が演じている。ただし次の作品では、違う声優が演じている。

  • 亀井芳子
    『ハローキティと学ぼう はじめての○○シリーズ』
  • くまいもとこ
    『けろけろけろっぴ はすのうえタウン危機一髪!』

その他のキャラクターは以下の通り。太字は『はすのうえタウン危機一髪!』での声優。

映像化[編集]

劇場映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

『サンリオ世界名作劇場』シリーズ
  • 『ガリバーの冒険』、『ロビンフッド』、『アラジンと魔法のランプ』
『オリジナルストーリーアニメ』シリーズ
  • 『けろけろけろっぴの大冒険』、『けろけろけろっぴの大冒険-ぴんくのきのこんこを探して』、『空とぶゆめの船』、『がんばれ!けろっぴーず』、『友だちっていいな』、『恐竜がでた!』、『友だちは魔法使い』、『ミツバチ大騒動』、『よわむし王子の大冒険』、『ぼくらのお姫さま』、『けろけろハウスのひみつ』、『友だちになろうよ』、『空をとべたら』、『ぼくたちのたからもの』、『びっくり!おばけやしき』、『クリスマスイブのおくりもの』、『はすのうえタウン危機一髪』(シリーズ作品)

音楽[編集]

イメージソング[編集]

「けろけろけろっぴ」
作詞/作曲:長沢ヒロ 編曲:兼崎順一 歌:関谷雅子[10]
1992年8月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「みんなでうたおう!キャラクターソング」(SACV-2030)の1曲目に収録[10]。また、1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の1曲目にも収録されている[11]。2分13秒。
けろけろけろっぴのOVAのオープニングテーマとしても使用されている。
「けろっぴロック」
作詞:鈴木みゆき 作曲/編曲:淡海悟郎 歌:岡崎裕美[12]
1993年に発売されたVHS「ハローキティのあつまれ!でんしゃ」挿入歌。けろけろけろっぴのCDに1度だけ収録され、1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「こどもパラダイス」(SACV-2039)の1曲目に収録されている[12]。3分11秒。
「けろけろけろっぴ BON DANCE」
作詞:鈴木みゆき 作曲/編曲:佐橋俊彦 歌:くさかべまき
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の2曲目に収録。3分41秒
「パジャマでルンバ」
作詞:岡野雅子 作曲:関和則 編曲:淡海悟郎 歌:岡崎裕美
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の3曲目に収録。1分58秒。
「誰かを好きになりそう - けろりーぬのテーマ -」
作詞:高田ひろお 作曲:菊池俊輔 編曲:長沢ヒロ 歌:三浦雅子
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の4曲目に収録。2分52秒
「わんぱく5人組」
作詞:高田ひろお 作曲:上柴はじめ 編曲:スティーブ・ゴースティン 歌:長沢ヒロ
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の5曲目に収録。2分55秒
「けろっぴ体操」
作詞:菅野こうめい 作曲/編曲:佐橋俊彦 歌:くさかべまき
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の6曲目に収録。3分8秒
「やすみ時間はパラダイス」
作詞:おびかゆうこ 作曲:明石英紀 編曲:オズニー・メロ 歌:岡崎裕美、三浦雅子
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の7曲目に収録。3分8秒
「美しき青きドーナツ池」
作詞:高田ひろお 作曲:菊池俊輔 編曲:長沢ヒロ 歌:れいち&MAO・REIKA
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の8曲目に収録。3分4秒
「けろっぴの青空ピクニック」
作詞:高田ひろお 作曲:上柴はじめ 編曲:スティーブ・ゴースティン 歌:岡崎裕美
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の9曲目に収録。2分1秒
「けろけろけろっぴのえかきうた」
作詞:いちご新聞 作曲:牧野三郎 編曲:兼崎順一 歌:牧野歌愛子、響
CDアルバム「キャラクターアルバム けろけろけろっぴ」(SACV-2037)の10曲目に収録。2分0秒
「ケロッといっしゅうかん」
作詞:おびかゆうこ 作曲:竹田えり 編曲:白川善久 歌:岡崎裕美
1992年7月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「学校いこう スクールソング」(SACV-2032)の9曲目に収録されている[13]。4分4秒。

アルバム[編集]

『キャラクターアルバム けろけろけろっぴ』
発売日:1992年7月21日
レーベル:サンリオより発売。
概要:アルバムCD版(SACV-2037)、カセットアルバム版が有ったが現在は廃盤。上述のイメージソングを収録。全10曲[注釈 1]
詳細:ジャケットデザインは水面をイメージした青い背景に、スイレンの葉の上に乗ったけろっぴがクレイアート風に表現されている。キャラクタードデカワッペンシールが付属する。

豆知識[編集]

  • ガンタは初期にはジャンクの名で呼ばれていた。
  • 1990年代に、住友銀行(現・三井住友銀行)のイメージキャラクターに起用されていた。三井住友銀行でも2008年2月より子供向けの教育コンテンツにおいてけろけろけろっぴが活用されている[14]
  • 1997年11月21日、コロムビアからCD『キャラクタービジョンCDシリーズ けろけろけろっぴ』が発売された。
  • 岡三証券のイメージキャラクターに起用され、ノベルティグッズが配布されている。
  • 2003年に銀座からパチンコ機「CRけろけろけろっぴ」が発売された[15]。2009年時点で、サンリオキャラクターで唯一パチンコに起用されている。
  • 2016年8月5日より『ど根性ガエル』(原作:吉沢やすみ)とのコラボレーションによるウェブコミック『ど根性!!けろけろけろっぴ』が「イチゴミン」(ホーム社)にて連載[16][17]。作画は吉沢の実娘・大月悠祐子が担当。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1. けろけろけろっぴ、2. けろけろけろっぴ BON DANCE、3. パジャマでルンバ、4. 誰かを好きになりそう - けろりーぬのテーマ -、5.わんぱく5年組、6. けろっぴ体操、7. やすみ時間はパラダイス、8. 美しき青きドーナツ池、9. けろっぴの青空ピクニック、10. けろけろけろっぴのえかきうた、の10曲。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「懐かしの“看板”、装い新たに再生 サンリオ・けろっぴ、新キャラクター追加」『日経産業新聞』2005年6月28日付、21頁。
  2. ^ a b 「巻頭大特集/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」、『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社2016年3月3日、 25頁。
  3. ^ “なつカワ(懐かしくて可愛い)×おしゃれ”になって新登場!「けろけろけろっぴ ドーナツデザイン 」シリーズ発売 (PDF) - 株式会社サンリオ. (2016年8月23日)、2016年8月27日閲覧。
  4. ^ 「消費者情報・カエルもひっくりかえる人気」『日経流通新聞』1990年1月16日付、23頁。
  5. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  6. ^ サンリオキャラクターたちの本名、言えますか?”. エキサイト株式会社(Excite ニュース) (2008年7月11日). 2016年8月27日閲覧。
  7. ^ (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, p. 21 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  8. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 124-125)
  9. ^ a b 森彩子 (2010, pp. 74-75)
  10. ^ a b (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, p. 2 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  11. ^ (1992年7月21日) 『キャラクターアルバム けろけろけろっぴ』のアルバム・ノーツ, p. 1 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2037).
  12. ^ a b (1992年7月21日) 『こどもパラダイス』のアルバム・ノーツ, pp. 1-2 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2039).
  13. ^ (1992年7月21日) 『学校いこう スクールソング』のアルバム・ノーツ, pp. 18-19 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2032).
  14. ^ 金融経済教育への取り組み - 三井住友銀行、2017年8月26日閲覧。
  15. ^ CRけろけろけろっぴNK - 株式会社ピーワールド、2016年8月27日閲覧。
  16. ^ 「けろけろけろっぴ」と「ど根性ガエル」のコラボウェブマンガが連載スタート! - 株式会社サンリオ. (2016年8月4日)、2016年8月27日閲覧。
  17. ^ 「ど根性ガエル」とけろけろけろっぴがまさかのコラボ! Web漫画「ど根性!! けろけろけろっぴ」連載スタート - アイティメディア株式会社(ねとらぼエンタ). (2016年8月5日)、2016年8月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈 『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』 ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日ISBN 978-4861009020
  • 森彩子 『サンリオキャラクター大図鑑』 ポプラ社、2010年11月ISBN 978-4-591-12108-5

外部リンク[編集]

テレビ東京系・アニマックス キティズパラダイスPLUS 番組内アニメ
前番組 番組名 次番組
ウサハナ 夢見るバレリーナ
けろけろけろっぴ はすのうえタウン 危機一髪!