ケプラー69c

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケプラー69c
Kepler-69c
ケプラー69cの想像図
ケプラー69cの想像図
星座 はくちょう座[1][2]
分類 太陽系外惑星
ゴルディロックス惑星
軌道の種類 周回軌道
発見
発見日 2013年4月18日
発見者 ケプラー宇宙望遠鏡
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.64+0.15
−0.11
au[3][4]
(9574万4000+2244万
−1646万
km)
近日点距離 (q) 0.55 au
遠日点距離 (Q) 0.73 au
離心率 (e) 0.14+0.18
−0.1
[3][4]
公転周期 (P) 242.4613 ± 0.006 [3][4][5]
軌道傾斜角 (i) 89.85+0.03
−0.08
°[3][4]
通過時刻 150.867[3][4]
ケプラー69の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 33m 02.622s[3]
赤緯 (Dec, δ) +44° 52′ 08.00″[3]
視線速度 (Rv) −38.7 ± 0.1 km/s[5]
距離 1,040 光年[6]
2,700 光年[7]
物理的性質
半径 1.71+0.34
−0.23
R[5]
質量 ~6 M
放射束 1.91+0.43
−0.56
[8]
表面温度 299+19
−20
K[4]
548 K (275 °C; 527 °F)[注 1]
年齢 4億年[3]
別名称
別名称
KOI-172.02, 2MASS J19330262+4452080 c, KIC 8692861 c
Template (ノート 解説) ■Project

ケプラー69c英語: Kepler-69c[5][9][10])、またはKOI-172.02[4][6]は、地球から見て、はくちょう座の方向に約2,700光年離れた位置にある太陽に似たG型主系列星ケプラー69公転している2つの太陽系外惑星うちの1つである。NASAケプラー宇宙望遠鏡の観測により発見された。ケプラー69cは岩石で構成された、地球より数倍大きな惑星、スーパーアースの可能性が高いとされている。惑星が恒星の前を通過する現象を捉える、トランジット法で発見され、最初の発見は2013年1月7日に公表された[11][12]。そして、同年4月18日にケプラー69cがハビタブルゾーンの中を公転している事が発表された[13]。しかし、現在では、金星のように分厚い大気に覆われ、暴走温室効果が発生する「スーパービーナス」であると考えられており、生命や液体の水が存在する可能性は低くなっている[14]

特性[編集]

質量、半径、温度[編集]

大きさの比較
海王星 ケプラー69c
海王星 Exoplanet

ケプラー69cは、質量、及び半径が地球よりも大きく、天王星海王星よりは小さなスーパーアースだとされている。質量は推定で地球の6倍、半径は1.71倍である。表面温度は299K(26℃)と、生命が存在するには快適な温度である。しかし、半径の割に推定質量が大きいため、金星のように大量の大気を保持して、過剰な温室効果が発生している可能性がある。その場合、表面温度は548K(275℃)まで上昇してしまう。このような惑星は「スーパービーナス(Super Venus)」と呼ばれる。

主星[編集]

主星のケプラー69は太陽に似た恒星で、ケプラー69cを含めて2つの惑星を持っている。質量は太陽の0.81倍で、半径は太陽の0.93倍。表面温度は5638Kで、これは太陽の5778K[15]よりもやや冷たい。年齢は約4億年で、太陽の約46億年[16]よりもかなり若い。

視等級は13.7等しかなく[5]、肉眼で観測する事は出来ない。

軌道要素[編集]

ケプラー69cは、主星から0.64auの距離を242日周期で公転している。太陽系に当てはめると、金星の軌道要素とよく似ている[2]

居住の可能性[編集]

惑星が金星に似た環境か、あるいは地球に似た環境かでのそれぞれの惑星の想像図。ケプラー69cは近年の観測で、金星に類似した環境で、生命が存在するには過酷な惑星だという説が有力になっている。

ケプラー69cは、ケプラー62eケプラー62fと共に、ハビタブルゾーン内を公転している惑星として発表された。そのため、表面に液体のを有する可能性がある。地球型惑星の可能性が高い事も観点に入れて、天文学者は「地球外生命が存在出来る、最有力候補の惑星」としている[12]

主星のパラメータの不確実性により、放射束は地球の1.91+0.43
−0.56
倍と、非常に大きくなっている。それは、たとえケプラー69cがハビタブルゾーンの中を公転していたとしても、主星に近い為に、生命が存在するには主星に近すぎる可能性がある事を示す[17]。放射束は、最低でも地球に1.35倍になる。これは、表面にあるが蒸発してしまうのには十分な数値である。より最近の分析では、ケプラー69cは、太陽系で最も過酷な環境を持つ天体の一つである、金星と類似した環境になっている事が示されている[14]

惑星の質量が大きいと、表面で暴走温室効果が発生してしまう。すると、表面上の海は、すぐに蒸発してしまい、表面温度は約322K(49℃)に上昇する。また、海が蒸発する事によって生じた水蒸気が、温室効果ガスとなり、さらに温室効果を激化させ、表面温度は約500K(227℃)まで上昇する可能性もある[18]

発見[編集]

ケプラー69cを発見したケプラー宇宙望遠鏡は2009年に観測を開始した。ケプラーは、惑星が主星の手前を通過する、「トランジット」によって減光される恒星の視等級を観測する事によって、惑星を発見する。ケプラーは主星ケプラー69に約242日毎に、惑星候補によって減光している事を観測し、そのデータはケプラーのミッションチームに送信した。ミッションチームは、これが実在する惑星であると結論付け、ケプラー62系を含む、他の惑星と共に、2013年4月18日に発表された[5]

2013年5月9日アメリカ合衆国下院で行われた議会の公聴会で"Exoplanet Discoveries: Have We Found Other Earths?"という議題で、太陽系外惑星ケプラー62eとf、ケプラー69cに関して議論が行われた。発見は、雑誌サイエンスの特集号で公開されていたが、改めて惑星についての説明が行われた[19]

ケプラー69cと、ケプラーが発見した惑星
Relative sizes of all of the habitable-zone planets discovered to date alongside Earth.jpg 地球との大きさの比較。左から順にケプラー69c、ケプラー62eケプラー62f地球
地球以外の惑星は想像図である。
LombergA1024.jpg 銀河系における、ケプラー宇宙望遠鏡の捜索範囲。(黄色部分) Kepler-69 and the Solar System.jpg ケプラー69b、cと水星、金星、地球、火星との大きさと軌道、そして各惑星系のハビタブルゾーンの位置の比較を表した図。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Based on improved models of Kepler-69c after it was found to be uninhabitable.

出典[編集]

  1. ^ Walker, John (2003年4月4日). “Your Sky - The Virtual Telescope”. fourmilab.ch. 2016年11月7日閲覧。
  2. ^ a b ハビタブルゾーンに地球の1.4倍の惑星”. AstroArts (2013年4月19日). 2016年11月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Staff (2013年1月7日). “Kepler KOI Search Results for KOI-172.02”. Space Telescope Science Institute. 2016年11月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Staff. “CONFIRMED PLANET OVERVIEW PAGE”. NASA Exoplanet Archive. 2016年11月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Barclay, Thomas (2013). “A super-Earth-sized planet orbiting in or near the habitable zone around Sun-like star”. The Astrophysical Journal 768 (2): 101. arXiv:1304.4941. Bibcode 2013ApJ...768..101B. doi:10.1088/0004-637X/768/2/101. 
  6. ^ a b Johnston, Wm. Robert (2011年10月2日). “List of Extrasolar Planets”. JohnstonArchive.com. 2016年11月7日閲覧。
  7. ^ Batalha, Natalie (2013年1月7日). “Astronomer, Kepler Space Observatory - Message Post”. Facebook. 2016年11月7日閲覧。
  8. ^ Kaltenegger, L. “Water-Planets in the Habitable Zone: Atmospheric Chemistry, Observable Features, and the case of Kepler-62e and -62f”. The Astrophysical Journal Letters 775 (2): L47. arXiv:1304.5058. Bibcode 2013ApJ...775L..47K. doi:10.1088/2041-8205/775/2/L47. 
  9. ^ NASA's Kepler Discovers Its Smallest 'Habitable Zone' Planets to Date”. NASA (2013年4月18日). 2016年11月7日閲覧。
  10. ^ Overbye, Dennis (2013年4月18日). “2 Good Places to Live, 1,200 Light-Years Away”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2013/04/19/science/space/2-new-planets-are-most-earth-like-yet-scientists-say.html 2016年11月7日閲覧。 
  11. ^ Harrington, J. D. (2013年1月7日). “NASA'S Kepler Mission Discovers 461 New Planet Candidates”. NASA. 2016年11月7日閲覧。
  12. ^ a b Moskowitz, Clara (2013年1月9日). “Most Earth-Like Alien Planet Possibly Found”. Space.com. 2016年11月7日閲覧。
  13. ^ 3 Potentially Habitable 'Super-Earths' Explained (Infographic) Space.com
  14. ^ a b Kane, Stephen. “A Potential Super-Venus in the Kepler-69 System”. The Astrophysical Journal Letters 770 (2): L20. arXiv:1305.2933. Bibcode 2013ApJ...770L..20K. doi:10.1088/2041-8205/770/2/L20. 
  15. ^ Fraser Cain (2008年9月15日). “Temperature of the Sun”. Universe Today. 2016年11月7日閲覧。
  16. ^ Fraser Cain (2008年9月16日). “How Old is the Sun?”. Universe Today. 2016年11月7日閲覧。
  17. ^ L. Kaltenegger; D. Sasselov; S. Rugheimer (2013年). “Water Planets in the Habitable Zone: Atmospheric Chemistry, Observable Features, and the case of Kepler-62e and -62f”. arXiv:1304.5058v1 [astro-ph.EP]. 
  18. ^ http://csep10.phys.utk.edu/astr161/lect/venus/greenhouse.html
  19. ^ Special Issue: Exoplanets”. Science (2013年5月3日). 2016年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]