ケプラー56

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケプラー56
Kepler-56 System Diagram.jpg
ケプラー56系の模式図
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 はくちょう座
赤経 19h 35m 02s[要出典]
赤緯 +41° 52′ 19″[要出典]
視等級 (V) 13[要出典]
特徴
スペクトル分類 G0V[要出典]
アストロメトリー
固有運動 (μ) 赤経: 19:35:02[要出典] ミリ秒/
赤緯: +41:52:19[要出典] ミリ秒/
詳細
質量 1.32±0.13[1] M
半径 4.23±0.15[1] R
表面重力 (log g) 3.31±0.01[1]cgs
表面温度 4840±97[1] K
金属量 0.20±0.16[1]
年齢 3.5±1.3×109[1]
他の名称
KIC 648890[1]
参照データベース
SIMBAD data
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data

ケプラー56 (Kepler-56) とは、はくちょう座にある恒星である。

恒星[編集]

ケプラー56は太陽の4.23倍の直径を持つ大きな恒星だが、質量は太陽の1.32倍しかない。その為、この恒星は長い年月を経て寿命を迎えようとしているといわれている。現在の質量と大きさからするとケプラー56は主系列星の段階を終え、間もなく赤色巨星になると考えられている[1]

惑星系[編集]

2012年、ケプラー宇宙望遠鏡によるトランジット法の観測によってケプラー56の周囲に惑星系が発見され、その後トランジットタイミング変化法により存在が確認された[1]。2つの惑星はそれぞれケプラー56bケプラー56cと命名された。星震学に基づく研究によると、2つの惑星の公転軌道は、主恒星の赤道面から47±6度傾いている[1]。追跡して行われた視線速度の観測では、重力によって惑星の軌道を乱す天体が存在するという証拠が見つかった。しかし、それが恒星なのか第3の惑星なのかは明らかではない[1]。もし第3の惑星(ケプラー56d)が存在するならこの惑星はケプラー56から2AUの距離を899日かけて公転している木星の3.3倍の質量を持った惑星とされている。

ケプラー56の惑星[1]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 22.1 M 0.1028 10.5016 0.0 79.64[要出典]° 6.51 R
c 181 M 0.1652 21.40239 0.0 81.93[要出典]° 9.80 R
d (未確認) 3.3 MJ 2.0 0.4 ~55[要出典]°

参考文献[編集]

外部リンク[編集]