ケフェウス座V354星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケフェウス座V354星
V354 Cephei
星座 ケフェウス座
視等級 (V) 10.90[1]
(10.82 - 11.35[2]
変光星型 LC[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 22h 33m 34.643s[1]
赤緯 (Dec, δ) +58° 53′ 47.05″[1]
固有運動 (μ) 赤経: -2.6 ± 2.0 ミリ秒/[3]
赤緯: 0.0 ± 1.6 ミリ秒/年[3]
距離 8,970 光年[注 1]
(2.75 キロパーセク[4][注 2]
絶対等級 (MV) -7.57[4]
Cepheus constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
ケフェウス座V354星の位置
物理的性質
半径 690[5][注 3] - 1,520[4] R
表面重力 0.03 G[4][注 4]
スペクトル分類 M2.7 Iab[6]
光度 76,000[5] - 369,000[4] L
表面温度 3,650 K[4]
色指数 (B-V) 3.18[7]
色指数 (V-I) 3.94[8]
別名称
別名称
GSC 03995-00449, IRAS 22317+5838, IRC +60361, RAFGL 2922, TYC 3995-449-1[1], Case 75[9]
Template (ノート 解説) ■Project

ケフェウス座V354星(ケフェウスざV354せい)は、銀河系内に存在する赤色超巨星である。また、LC型の脈動変光星で、変光星総合カタログでは明るさが10.82から11.35等まで変化するとされる[2]太陽からの距離はおよそ9,000光年と見積もられ、直径は太陽の690倍から1,520倍程度と推測されており、大きい方の推定値を採用するならば、既知の恒星の中で特に大きく光度の高いものの一つとなる。もしこの恒星を太陽系の中心に置いたと仮定すれば、半径は3.2から7.1AUとなるので、大きい場合は木星軌道の外、小さい場合でも火星軌道よりは外にまで達する[10][11][12][注 5]

同定[編集]

ケフェウス座V354星は、IRAS2MASSの観測によって、赤色超巨星で変光星であることがわかっているが、1981年に変光星総合カタログに収録される前は、ほとんど知られていなかった[13]。ヘンリー・ドレイパーカタログやボン掃天星表には含まれておらず、かろうじてディアボーン天文台のカタログにみられるが、そのカタログ名が使われたことはほとんどない[14][15]

一方で、ケフェウス座V354星はしばしば、Case 75という名称で扱われる。これは、ワーナー&スウェイジー天文台の赤外線観測によってみつかった、異常に赤いM型星のカタログからきている[9]。また、近くにあるF型星BD+58°2450と同じ星とされたことがあるが、これは誤りである[8][4]

距離[編集]

ケフェウス座V354星は遠く、年周視差の測定から距離を決めることはできない。ケフェウス座OB1アソシエーションの近くに位置しており、その一員ではないかとみられる[7][8]。そうだとすれば、このアソシエーションまでの距離およそ9,000光年と同程度の距離と考えられる[4]

特徴[編集]

ケフェウス座V354星の光度や大きさについては、議論の余地がある。最初にこの星の半径が綿密に推定された際は、非常に明るい放射等級に基づいて半径が太陽の1,520倍と求められ、既知の恒星の中で最も巨大なものの一つとされた[4]。一方で、測光観測の結果に基づく推定では、光度はその1/5となり、その光度での典型的な半径を計算すると、太陽の690倍になる[5][注 3]。この差は、光度を推定する過程で生じたものとみられるが、その原因は説明できていない。

減光英語版の推定においても差異が生じており、かたや2等級、かたや6等級という結果が出ている[16][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 距離(光年)は、距離(パーセク)× 3.26 により計算。
  2. ^ 距離指数 を基に、距離(パーセク) により計算。
  3. ^ a b シュテファン=ボルツマンの法則による。
  4. ^ 出典での表記は、
  5. ^

出典[編集]

  1. ^ a b c d V354 Cep -- Red supergiant star”. SIMBAD. CDS. 2018年3月16日閲覧。
  2. ^ a b c Samus, N. N.; et al. (2009-01), “General Catalogue of Variable Stars”, VizieR On-line Data Catalog: B/gcvs, Bibcode 2009yCat....102025S 
  3. ^ a b Zacharias, N.; et al. (2013-02), “The Fourth US Naval Observatory CCD Astrograph Catalog (UCAC4)”, Astronomical Journal 145 (2): 44, Bibcode 2013AJ....145...44Z, doi:10.1088/0004-6256/145/2/44 
  4. ^ a b c d e f g h i j Levesque, Emily M.; et al. (2005-08), “The Effective Temperature Scale of Galactic Red Supergiants: Cool, but Not As Cool As We Thought”, Astrophysical Journal 628 (2): 973-985, Bibcode 2005ApJ...628..973L, doi:10.1086/430901 
  5. ^ a b c Mauron, N.; Josselin, E. (2011-02), “The mass-loss rates of red supergiants and the de Jager prescription”, Astronomy & Astrophysics 526: A156, Bibcode 2011A&A...526A.156M, doi:10.1051/0004-6361/201013993 
  6. ^ Sloan, G. C.; Price, S. D. (1998-12), “The Infrared Spectral Classification of Oxygen-rich Dust Shells”, Astrophysical Journal Supplement Series 119 (2): 141-158, Bibcode 1998ApJS..119..141S, doi:10.1086/313156 
  7. ^ a b Humphreys, Roberta M. (1978-12), “Studies of luminous stars in nearby galaxies. I. Supergiants and O stars in the Milky Way”, Astrophysical Journal Supplement Series 38: 309-350, Bibcode 1978ApJS...38..309H, doi:10.1086/190559 
  8. ^ a b c Garmany, C. D.; Stencel, R. E. (1992-08), “Galactic OB associations in the northern Milky Way Galaxy. I - Longitudes 55° to 150°”, Astronomy & Astrophysics Supplement Series 94 (2): 211-244, Bibcode 1992A&AS...94..211G 
  9. ^ a b Nassau, J. J.; Blanco, V. M.; Morgan, W. W. (1954-11), “Reddened Early M- and S-Type Stars Near the Galactic Equator”, Astrophysical Journal 120: 478-483, Bibcode 1954ApJ...120..478N, doi:10.1086/145936 
  10. ^ Units in VizieR”. VizieR. CDS. 2018年3月20日閲覧。
  11. ^ David R. Williams. “Mars Fact Sheet”. NASA. 2018年3月20日閲覧。
  12. ^ David R. Williams. “Mars Fact Sheet”. NASA. 2018年3月20日閲覧。
  13. ^ Kholopov, P. N.; et al. (1981-11), “66th Name-List of Variable Stars”, Information Bulletin on Variable Stars 2042: 1, Bibcode 1981IBVS.2042....1K 
  14. ^ Kostjuk, N. D. (2004-04), “HD-DM-GC-HR-HIP-Bayer-Flamsteed Cross Index”, VizieR On-line Data Catalog: IV/27A, Bibcode 2004yCat.4027....0K 
  15. ^ Lee, O. J.; et al. (1943), “Dearborn catalog of faint red stars : titanium oxide stars in zones -4.5° to +13.5°”, Annals of the Dearborn Observatory of Northwestern University 5: 1-66, Bibcode 1943AnDea...5....1L 
  16. ^ Verhoelst, T.; et al. (2009-04), “The dust condensation sequence in red supergiant stars”, Astronomy & Astrophysics 498 (1): 127-138, Bibcode 2009A&A...498..127V, doi:10.1051/0004-6361/20079063 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]