ケニー・ホイーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケニー・ホイーラー
Kenny Wheeler.jpg
基本情報
出生名 Kenny Vincent John Wheeler
生誕 1930年1月14日
カナダ、トロント
出身地 カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
死没 (2014-09-18) 2014年9月18日(満84歳没)
イギリスロンドン
ジャンル ジャズ, フリー・ジャズ, ジャズ・ロック
職業 バンドリーダー, 作曲家
担当楽器 トランペット, フリューゲルホーン, コルネット
活動期間 1952-2014
レーベル ECM
Kepach Music
psi records c/o

ケニー・ホイーラーホイラーウィーラー、Kenny Wheeler, 1930年1月14日 - 2014年9月18日[1])は、カナダオンタリオ州トロント生まれの主にイギリスで活躍するジャズトランペットフリューゲルホーンコルネット奏者。作曲家。

経歴[編集]

1950年から1951年まで、トロントのロイヤル・コンセルヴァトワールで和声を学び、1952年にロンドンに進出。

ダンス・バンドで演奏するかたわら、1959年にはジョン・ダンクワースのオーケストラのメンバーとなり、作曲を学ぶ。その後フリー・ジャズのムーブメントに身を投じ1960年代後半から1970年代にかけてアラン・スキッドモアトニー・オクスレーアンソニー・ブラクストンマイク・ウエストブルックらと共演、また所属した重要なグループとして、スポンテニアス・ミュージック・アンサンブルグローブ・ユニティがある。

ECMレコードには、演奏参加した多数の作品があり、リーダー作に限ってもキース・ジャレットデイヴ・ホランド[2]ジャック・ディジョネットと録音した「ヌー・ハイ(Gnu High)」[3](1975年)他、多々優れた作品を残している。

1976年にはジョン・テイラーJohn Taylor)、ノーマ・ウィンストンNorma Winstone)とジャズグループ アジマス(Azimuth)を結成。1983年ごろからは、デイヴ・ホランドのグループの重要なメンバーとして活動した。近年では、積極的に若手の演奏家とともに録音したとみられる作品が多く見られ後進の育成にも力を注いでいることが伺われる。又、ユナイテッド・ジャズ+ロック・アンサンブルでもメイン・メンバーとして永年活躍した。

デヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)のアルバムでもしばしばフィーチュアされている。

1980年代前半にグローブ・ユニティのメンバーとして来日。1988年には、ジョルジュ・グルンツ・コンサート・ジャズ・バンド(Gruntz Concert Jazz Band)のツアーの一環として二度目の来日が実現した。88年10月の来日時には、東京で2度のコンサートの予定があったが昭和天皇の健康状態により片方はキャンセル、九段会館だけでの演奏となった。他、大阪の御堂会館でも演奏した模様である[4]

特徴[編集]

  • 比類のない正確なリズム感とタイム感
  • オーケストラのトランペット・セクションにすら匹敵する豊かな倍音をもつ美しい音色
  • インプロヴィゼーションにおけるフレーズのユニークさと美しさ
  • 重厚な和音の流れと美しい旋律を特徴とするオリジナル曲

作品[編集]

リーダー作[編集]

  • Windmill Tilter (Fontana, 1968)
  • Song for Someone (Incus, 1973)
  • Gnu High (ECM, 1975)
  • Deer Wan (ECM, 1977)
  • Around 6 (ECM, 1979)
  • Double, Double You (ECM, 1983)
  • Flutter By, Butterfly (SoulNote, 1987)
  • Widow in the Window (ECM, 1990)
  • Music for Large and Small Ensemble (ECM, 1990)
  • Angel Song (ECM, 1996)
  • A Long Time Ago (ECM, 1998)
  • All the More (SoulNote)
  • It Takes Two! (Cam Jazz)
  • Where Do We Go from Here? (Cam Jazz, 2005)
  • What Now? (Cam Jazz, 2005)
  • Songs For Quintet (ECM, 2014) 遺作

共作[編集]

  • Touche w/Paul Bley

関連文献[編集]

  • Philippe CarlesAndré ClergeatJean-Louis Comolli 『Dictionnaire du jazz』(Robert Laffont)
  • La mort de Kenny Wheeler, grand trompettiste et compositeur de jazz [1]
  • Kenny Wheeler, British jazz star, dies aged 84 [2]
  • REVERED JAZZ TRUMPETER AND COMPOSER KENNY WHEELER HAS DIED AGED 84 [3]
  • Jazz great Kenny Wheeler dies at 84 [4]
  • Kenny Wheeler Is Gone [5]
  • Kenny Wheeler, 1930–2014 [6]
  • Muore a 84 anni Kenny Wheeler [7]
  • RIP, Kenny Wheeler [8]
  • Remembering Kenny Wheeler, plus news of an ECM swan song [9]
  • How Kenny Wheeler described his musical journey and composing process [10]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報 Kenny Wheeler Rifftide:後藤 誠のJAZZ研究室 2014年9月23日閲覧
  2. ^ Dave Holland ‏@TheDaveHolland, 18 septembre 2014 :Thinking about my dear friend Kenny Wheeler who passed away today. A beautiful spirit that lives on in his music & in our memory.
  3. ^ 参加ピアニストはキース・ジャレットだが、ホイラーとマンフレッド・アイヒャーの間では、チック・コリアも検討されていたという。『キース・ジャレット 人と音楽』(イアン・カー、蓑田洋子訳、音楽之友社):「ジャズ界屈指の独創的かつ叙情的プレイヤーの一人、トランペッターのケニー・ホウィーラーが、ECMからレコードを出そうとして、企画に参加してもらうミュージシャンについてアイヒャーと話し合っていた。ドラムスはジャック・ディジョネット、ベースはデイヴ・ホランドと決まっていたが、ピアニストはチック・コリアとキース・ジャレットのどちらかにしようということになり(・・・)」p.164
  4. ^ http://ameblo.jp/otremazul/entry-11927564215.html

外部リンク[編集]