ケニアの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ケニア共和国
大統領
Rais wa Jamhuri ya Kenya
Kenya presidential standard UHURU KENYATTA.svg
大統領旗
Uhuru Kenyatta.png
現職者:
ウフル・ケニヤッタ

(第4代)
就任日: 2013年4月9日
職種 元首
政府の長
担当官庁 大統領府
官邸 大統領官邸
任期 5年(3選禁止)
任命者 直接選挙
職務代行者 ウィリアム・ルト
(副大統領)
根拠法令 ケニア共和国憲法
前身 ケニア国王
初代 ジョモ・ケニヤッタ
創設 1964年12月12日
俸給 月額 1,650,000 KES[1]
公式サイト president.go.ke
テンプレートを表示

ケニアの大統領(ケニアのだいとうりょう、スワヒリ語: Rais wa Jamhuri ya Kenya)は、東アフリカケニア共和国国家元首たる大統領である。

概要[編集]

ケニアは1963年に独立したが、1964年までの1年間はイギリスの国王を元首とする英連邦王国であった。ここでは、英連邦王国から脱し、共和制を敷いて大統領を国家元首と定めた1964年からの大統領を記す。

選出[編集]

建国当初はケニア・アフリカ民族同盟(KANU)による強権的な一党独裁政治が行われていたが、1991年12月に実施された憲法改正により複数政党制が導入され、翌年からは複数の立候補者が参加する直接選挙で大統領を選出するようになった。大統領の任期は1期につき5年間であり、3選は禁じられている。

大統領の一覧[編集]

大統領 所属政党 在任期間 副大統領 備考
01 ジョモ・ケニヤッタ
Jomo Kenyatta
Jomo Kenyatta 1966-06-15.jpg ケニア・アフリカ民族同盟
(KANU)
1 1964年12月12日
- 1969年12月6日
13年 + 222日 ジャラモギ・オディンガ
ジョゼフ・ムルンビ
(不在)
ダニエル・アラップ・モイ
2 1969年12月6日
- 1974年10月14日
3 1974年10月14日
- 1978年8月22日
任期満了前に死去
02 ダニエル・アラップ・モイ
Daniel Toroitich arap Moi
Kenya-moi.jpg ケニア・アフリカ民族同盟
(KANU)
1978年8月22日
- 1979年11月8日
24年 + 130日 (不在)
ムワイ・キバキ
4 1979年11月8日
- 1983年9月26日
5 1983年9月26日
- 1988年3月21日
6 1988年3月21日
- 1992年12月30日
ジョゼファト・カランジャ
ジョージ・サイトティ
7 1992年12月30日
- 1997年12月30日
8 1997年12月30日
- 2002年12月30日
(不在)
ジョージ・サイトティ
(不在)
ムサリア・ムダヴァディ
03 ムワイ・キバキ
Mwai Kibaki
Mwai Kibaki at 8th EAC summit, November 2006.jpg 民主党
(DP)
9 2002年12月30日
- 2007年12月30日
10年 + 100日 マイケル・ワマルワ
ムーディ・アウォリ
03 国家統一党英語版
(PNU)
10 2007年12月30日
- 2013年4月9日
カロンゾ・ムショカ
04 ウフル・ケニヤッタ
Uhuru Muigai Kenyatta
Uhuru Kenyatta 2015.jpg 国民連合英語版
(TNA)
11 2013年4月9日
- 2017年11月28日
9年 + 49日 ウィリアム・ルト
04 ジュビリー党英語版 12 2017年11月28日
- (現職)

大統領選挙(直接選挙導入後)[編集]

大統領旗[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Today, Business (2017年5月18日). “Top earners: President Uhuru and Deputy President Ruto salaries”. 2021年12月6日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]