ケトレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯52度41分41秒 西経2度28分51秒 / 北緯52.69480度 西経2.48084度 / 52.69480; -2.48084

地図
ケトレー、2006年撮影。

ケトレー (Ketley) は、テルフォードニュータウン地域内の地区 (suburb) で、テルフォード・アンド・リーキン英語版バラに属しており[1]イングランド典礼カウンティではシュロップシャー州に属している[2]。ケトレーは、行政パリッシュ英語版である[2]

イースト・ケトレー (East Ketley) は、ミレニアム・コミュニティズ・プログラム英語版の一環として進められているテルフォード・ミレニアム・コミュニティ英語版の一部として、現在再開発が進められている[3]。この計画では、750軒ほどの新たな住宅が供給され、職住兼用のユニットや、新しい小学校、小規模なオフィスや、小売店、娯楽施設などが、リフシュッツ・デイヴィッドソン・サンディランズ英語版が設計したマスタープランに盛り込まれている[3]

その再開発対象地は、現在のところは、かつての竪坑跡や、ボタ山ゴルフ場(後には、打ちっぱなし)、競技用フィールドなどが並ぶ合間にヴィクトリア朝に建てられたテラスハウスの家屋が建っている。用地の大部分は、長年にわたり遊休地となっており、一部は、地域的に見れば野生生物の重要な生息地となりつつある。

ケトレーは、かつてはケトレー製鉄所 (Ketley Iron works) の本拠地であった[4]18世紀後半に製鉄所の所有者であったウィリアム・レイノルズ英語版は、タブ・ボート英語版用の運河として、ウォンブリッジ運河英語版[5]ケトレー運河英語版[6]シュロップシャー運河英語版の3本を開き、イギリスにおいて最初に成功したインクライン英語版を設けた[7]

ケトレーのすぐ北隣には、ハドレー英語版がある。

シュロップシャー・スター (Shropshire Star)』紙は、ケトレーで発行されている[8]

ケトレー・バンク[編集]

ケトレー・バンク (Ketley Bank) は、ケトレーの南東に位置し、オークンゲイツ英語版M54モーターウェイ英語版の間にある。こちらは、オークンゲイツの行政パリッシュの一部である。

脚注[編集]

  1. ^ Ketley”. Telford and Wrekin Council. 2018年8月29日閲覧。
  2. ^ a b MINUTES of the Ketley Parish Council meeting held at 7.00 pm on Wednesday 13 July 2016 at Ketley Community Centre. (PDF)”. Ketley Parish Council (2016年9月14日). 2018年8月29日閲覧。
  3. ^ a b Telford Millennium Community”. Urbanism Environment Design. 2018年8月29日閲覧。
  4. ^ Ketley Ironworks”. Discovering Shropshire's History/Shropshire Council. 2018年8月29日閲覧。
  5. ^ Wood, Andy (2014). “Wombridge Canal”. Abandoned & Vanished Canals of England. Amberley Publishing Limited. ISBN 1445639270, 9781445639277  Google books
  6. ^ Wood, Andy (2014). “Ketley Canal”. Abandoned & Vanished Canals of England. Amberley Publishing Limited. ISBN 1445639270, 9781445639277  Google books
  7. ^ Canal inclined plane”. Engineering Timelines. 2018年8月29日閲覧。
  8. ^ Shropshire Star”. Shropshire Star. 2018年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]