ケチャップマニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケチャップマニス(左)とケチャップアシン (インドネシアABC社製)
ケチャップマニス

ケチャップマニス(kecap manis)は、インドネシアの甘い調理用ソース。色は黒で粘性が高い。インドネシア料理に多用される。

ケチャップというと日本ではトマトケチャップのことを指すが、インドネシア語ではソース全般を指し、語源は東南アジアで使われている福建語の"ke-zyap 鮭汁"といわれている。マニスは「甘い」という意味である。

味・製法・使用法[編集]

味は、日本のものでいうと焼き鳥用の醤油を使った甘いタレに似ているが、インドネシアやマレーシアでも現地の焼き鳥料理サテ(sate)のソースとして使われる。

大豆小麦発酵させ、パームシュガーなどを加えてつくられる。

ナシゴレンミーゴレン、サテ、ガドガド等、サンバルと共にインドネシア料理の調味には欠かせない調味料である。

その他[編集]

インドネシアでは対になる辛いソースのケチャップアシン(kecap asin)もあるが、料理にはケチャップマニスの方が多く使われる。

関連項目[編集]