ケキツネノボタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケキツネノボタン
ケキツネノボタン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: キンポウゲ属 Ranunculus
: ケキツネノボタン
R. cantoniensis
学名
Ranunculus cantoniensis
DC.
和名
ケキツネノボタン(毛狐の牡丹)

ケキツネノボタン(毛狐の牡丹、Ranunculus cantoniensis)は、キンポウゲ科キンポウゲ属多年生植物水田のあぜなどに生える雑草

和名は、キツネノボタンによく似ているが、全体にが生えていることによる。しかし、キツネノボタンにも毛の生えているものがある(ヤマキツネノボタンともいう)。痩果(そうか)の先がほとんど曲がらないことが、キツネノボタンとの違い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]