ケイ道栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「邢道栄」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

邢 道栄(けい どうえい)は、中国の通俗歴史小説『三国志演義』に登場する架空の武将。

物語中の活躍[編集]

後漢時代末期の零陵郡太守劉度の配下の大将。大斧(または大鉞)の使い手で、劉度の息子劉賢から「万夫不当の荒武者」と評される役回り。

劉賢の推薦を受け、建安14年(209年)に零陵へ進攻してくる劉備軍を迎え撃つ。邢道栄は戦場で諸葛亮を見かけると、しばしの舌戦の後これに襲い掛かろうとする。しかし目の前に現れた張飛と数合も渡り合えずに敗走し、行く手に趙雲が立ちはだかると降伏してしまう。

劉備の本営に連れて行かれると劉備に即座に斬られそうになるが、邢道栄は劉賢を説得すると言い訳し、いったん劉賢の本営に戻ることを許される。帰還した邢道栄は、劉備軍を滅ぼすために伏兵策を劉賢に奉じ、劉賢も了承する。

しかしこの策はすべて劉備軍に見抜かれており、劉度軍は壊滅。邢道栄は趙雲に一撃で討ち取られ、劉賢は劉備軍に捕らえられてしまう。劉賢は謀略の責任を全部邢道栄に押し付け、父の劉度と共に劉備に降伏する。

参考文献[編集]