ケイ紹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「嵆紹」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

嵆 紹(けい しょう、253年 - 304年)は、中国西晋代の政治家。延祖。父は竹林の七賢のひとり嵆康。子は嵆眕。

譙国銍県(現在の安徽省濉渓県)の人。

263年に父の嵆康が処刑されたあと、前々から嵆康にその後事を託されていた山濤に引き取られた。成長後いよいよ出仕というとき、父を殺した司馬氏の王朝に仕えるべきか悩んでいたが、山濤に状況に応じて出処進退をはかることを恥と考えるべきでないと説かれた。よって山濤の推薦で武帝司馬炎のとき秘書郎として仕官した。その後趙王司馬倫が位を簒奪したとき侍中となり、恵帝が復位するとそのまま仕えた。

恵帝はこれまで成都王司馬穎に皇太子の廃替などの無理難題を要求され、横暴を許してきた。これに我慢できなくなった恵帝は304年7月に討伐軍を率いて出征、嵆紹はこれに従軍した。しかし恵帝の軍は大敗を喫してしまう。皆が算を乱して逃げるなか、嵆紹ただ一人だけが恵帝のそばを離れず、身を挺して守ったために殺された。このとき嵆紹の血が恵帝の服に付いてしまったが、その忠義を重んじて服を洗わせなかったという。諡は忠穆公。

嵆紹の事績は語り継がれ、謝霊運の辞世の詩や南宋文天祥が作った『正気の歌』などに取り上げられている。

後継者[編集]

嵆紹の長男の嵆眕は早世したため、従孫いとこの孫、嵆康の兄・嵆喜の曾孫)の嵆翰がその後を継いだ。嵆翰の孫・嵆曠東晋孝武帝に仕えた。

外部リンク[編集]