ケイコ・ボルジェソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケイコ・ボルジェソン(keiko borjeson、1947年 - )は東京出身、スウェーデン在住のジャズピアニストヴォーカリスト

略歴[編集]

  • 1947年、東京、麻布生まれ。東洋英和女学院桐朋学園大学ピアノ科卒業。安川加寿子に師事。
  • 1973年、室内音楽を学ぶためイタリアへ留学。
  • 1976年、アメリカ、ハリーフィールド・ミュージックスクールにおいてポピュラージャズ、ボーカルを専攻
  • 1984年、中国遼寧大学客員教授、中国瀋陽音楽院大学客員教授に招聘
  • 1989年、「モントレー・ジャズフェスティバル」出場。
  • 1990年、ワシントン・ホワイトハウスより招待(アメリカン・ヘリテイジ・デー)
  • 1991年、東京サントリーホール公演
  • 1992年、東京サントリーホール公演
  • 1997年、10ヶ国コンサート(アメリカ、ラトビア、イタリア、ドイツ、フィンランド、イギリス、日本、エジプト、ロシア)
  • 2003年、スウェーデン国王から「北極星メダル」を受賞
  • 2007年、活動名義をケイコ・マクナマラからケイコ・ボルジェソンに変更
  • 2007年、アルバム「A LA EBISU」「Not Alone」をリリース

     JAPAN JAZZ AUDIO PRIZE

  • 2008年、JAPAN MOST GREAT JAZZ RECORD 4TH
  • 2010年、東京サントリーホール公演
  • 2011年、OPEN GATE TOUR「石の扉を開く」
  • 2018年、日本テレビの深夜番組「月曜から夜ふかし」 に偶然インタビューを受ける 

人種を越え、宗教を越え、愛と祈りとジャズで、 地球平和を訴える。

ディスコグラフィ[編集]

  • 『À LA EBISU』XQDN-1002
  • 『NOT ALONE』XQDN-1001