ケイガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイガイ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: イヌハッカ属 Schizonepeta
: ケイガイ S. tenuifolia
学名
Schizonepeta tenuifolia
和名
ケイガイ

ケイガイ(荊芥、荆芥、学名:Schizonepeta tenuifolia)とはシソ科一年草。(シノニムNepeta japonica)。薬用植物。

特徴[編集]

中国原産の草本で花期は初夏から夏。

花穂は発汗、解熱、鎮痛、止血作用などがあり、日本薬局方に生薬「荊芥、 荆芥(ケイガイ)」として収録されている。荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などの漢方方剤に配合される。 アリタソウの別名。