ケアラダクティルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケアラダクティルス
Cearadactylus
Cearadactylus.jpg
Cearadactylus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 翼竜目 Pterosauria
亜目 : 翼指竜亜目 Pterodactyloidea
: ケアラダクティルス科 Cearadactylidae
: ケアラダクティルス
Cearadactylus
学名
Cearadactylus
Leonardi & Borgomanero, 1985
  • Cearadactylus atrox
    Leonardi & Borgomanero, 1985

ケアラダクティルス (Cearadactylus ) は、白亜紀前期に棲息していた、プテロダクティルス亜目ケアラダクティルス科の翼竜セアラダクティルスと表記されることもある。

翼開長は約4~5m、体重は不明。学名の意味は「セアラの指」で、ブラジルセアラ州のサンタナ累層で化石が発見されたため、この名がついた。頭骨以外の部分は発見されていない。 翼竜としては中型で、乱杭状の、歯がついた嘴を持っていた。特に大きい歯が口前端に並び、これで魚などを捕食していたと考えられている。

現在のところ、模式種であるC. atrox 1種のみが報告されている。

関連項目[編集]