グーグルマップ改ざん騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グーグルマップ改ざん騒動(グーグルマップかいざんそうどう)とは、Googleが提供するオンライン地図サービス「Googleマップ」において、主に日本国内で2015年(平成27年)4月頃に発生した改ざん騒動。Googleマップのメニューを悪用して地図上の施設名を改ざんする悪戯が多数行われた。

アメリカでも、同様の手口によるいたずらが行われていた。

騒動の概要[編集]

2015年4月14日、Googleマップ上でアメリカ・ホワイトハウスの敷地内に元CIAスタッフのエドワード・スノーデンの名前が表示されていることが確認された[1]。スノーデンはアメリカ連邦捜査局によって指名手配中のアメリカ国家安全保障局の内部機密情報を公表した人物として知られ、アメリカ国内では若年層を中心に英雄扱いされているという[1]。このことはアメリカの国家体制を揺るがせかねない人物の名前がアメリカの中枢であるホワイトハウスに表示されたということで話題になった[1]

それと前後して、2015年4月初旬から日本国内でも同じような悪戯が行われるようになり[2]新潟県佐渡市に「マクドナルド母親にしかられた店」等の実在しない施設が多数表示される改ざんが確認された[2]。さらに4月20日頃には皇居警視庁本部等東京都内の主要施設の他、島根県出雲大社広島県原爆ドーム、さらにはアメリカのケネディ宇宙センターや2015年1月にイスラム過激派に襲撃されたフランスの新聞社シャルリー・エブド本社に対し、オウム真理教を連想させる「サティアン」や宗教の団体名を連想させる「恒心教」、「恒心教 核実験場」等という名称がつけられる改ざんが行われていたことが確認された[2][3][4][5][6][7]。また秋田空港の滑走路上にファミリーレストランチェーンのびっくりドンキーの店舗が書き加えられる改ざんも確認された[8]

日本国外の地図においても、パキスタンの地図にGoogleが提供するOS「Android」のキャラクターが、競合他社であるアップル社のロゴマークに小便をかける画像が公園として描画されていることも発覚している[9]

日本国内を中心に多く使われた「恒心教」とは2ちゃんねるの「なんでも実況J板」で活動する悪戯グループが自称するグループ名で[5][10]、一部メディアでは架空宗教の一種であると報道された[3][7]。またグループ名の「恒心」は東京都内に以前設立されていた法律事務所から名づけられたものであり[11]、その事務所に所属するインターネット上での名誉毀損案件を専門とする弁護士が悪戯グループの間で度々話題になっていた[10]。この改ざんによる影響で、同弁護士に対する電話が殺到し、業務に著しい支障が出るなどの被害が発生した。

これらの改ざんはホワイトハウスのものが翌日4月15日には削除されたのを始め、日本国内の施設を標的にした改ざんについても4月24日頃までに削除された[1][8]

Googleマップの脆弱性と関係機関の対応[編集]

ITジャーナリストの三上洋は、一連の内容改ざんはGoogle提供のソーシャルネットワークサービスを利用することでGoogleマップ上の施設名が誰でも書き換えが可能なことを悪用した悪戯であって高度な知識を必要とするハッキング行為ではないと指摘し[10]、情報を掲載する段階でGoogleがチェックを怠ったことが原因ではないかと言及した[5]

同じくITジャーナリストの井上トシユキは、「恒心教」を自称する悪戯グループについて業務妨害を理由にGoogleが2ちゃんねるインターネットサービスプロバイダに発信者情報の開示を求める可能性を指摘した[10][12]

ウェブサイト構築企業アイ・エム・ジェイの執行役員を務める江端浩人は、この件について著作性や公共性の高い施設は書き換えを制限する仕組みを設ける等の対策が必要ではないかと言及した[7]

また東京スポーツは、一連の行為がサイバーテロのテストという可能性等を考慮して警視庁公安部による捜査が始まったことが報じられ[12]、その後12月1日に改ざん行為を行った犯人の身元が特定され、岩手県盛岡市の21歳の男子大学生、愛知県田原市の30歳の男性会社員、大阪府大阪市の30歳の無職男性の3人が、問題となった男性弁護士とその事務所への業務妨害の容疑(軽犯罪法違反)で書類送検された。[13]。実行犯はいずれも、「弁護士の評判を知ってもらいたかった」などと供述し、いたずらの動機が男性弁護士への中傷だったことを正式に認めた[14]

第一東京弁護士会岡正晶会長(当時)は、被害にあった男性弁護士が同弁護士会に所属しているとしたうえで、「この弁護士に対しては、他にも、インターネット上での誹謗中傷、危害を加える旨の告知、その他種々の嫌がらせ(業務妨害行為)が続いており、過去に逮捕者も出ている」と状況を説明した。そのうえで「弁護士に対するこの種の業務妨害行為は、弁護士制度に対する重大な挑戦であり、当会は断固抗議する」と表明した[15][16][17]

田中茂は参議院法務委員会にて東京都の警視庁本部は恒心教警視庁サティアン、広島市の原爆ドームは核実験場と表示されていたほか、出雲大社にはサティアンの文字が書き込まれていたこと。また、皇居の一部施設はオウム真理教皇居支部道場に書き換えられていたことを受け、オウム真理教の最終攻撃が皇居皇室であったことも問題にして、『民間企業とはいえ、グーグル社の公共性の高さ、世間への影響力の大きさを勘案すれば、グーグル側の対応とは別に、政府として、このような事態が発生しないような、まずは官公庁などの公の重要施設に対しての書き込み、書換えができなくするなどの仕組みを考えるべきではないかと。さらには、このような悪用されやすいアプリに有益性を主張しているグーグル社に対しても何も手を打てないということを憂慮するわけであります。』と述べた。[18]

一方Googleは、これらの改ざんについての取材に対して利用者提供の情報に誤りや違反行為があった場合は対象を削除すると回答した。同時に、改ざんが行われた経緯を調査すると共に再発を防ぐためのシステムを導入すると説明した[4][10]

犯行者の一部は児童ポルノ単純所持容疑でも書類送検されている[19]が、山田太郎参議院議員は警察発表時の証拠発表でフィギュアが置かれたことについて「もしかしたら関係ないものをあえてテレビにさらして、押収物としてさらすというのはいかがかなというふうに思っております」と述べた[20]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “エドワード・スノーデン、今度はホワイトハウスを占拠(Google Mapの中で)”. businessnewsline. (2015年4月14日). http://www.businessnewsline.com/news/201504141313070000.html 
  2. ^ a b c “グーグルマップ騒動で方向音痴困惑”. NEWSポストセブン. (2015年4月23日). http://www.news-postseven.com/archives/20150423_318508.html 
  3. ^ a b “グーグルマップ、一時改ざん、警視庁がサティアンに……”. 朝日新聞. (2015年4月21日). http://www.asahi.com/articles/ASH4N74GXH4NULFA02T.html 
  4. ^ a b “グーグルマップで悪質な改ざん 警視庁に「サティアン」 原爆ドーム、皇居内施設も”. ZAKZAK. (2015年4月21日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150421/dms1504211205010-n1.htm 
  5. ^ a b c “皇居内にオウム?グーグルマップにナゾ表記”. 日テレNEWS24. (2015年4月20日). http://www.news24.jp/articles/2015/04/20/07273398.html 
  6. ^ “「グーグルマップ」高浜原発も“被害”に(福井県)”. 日テレNEWS24. (2015年4月21日). http://www.news24.jp/nnn/news8636197.html [リンク切れ]
  7. ^ a b c “グーグルマップ改ざん、被害は海外にも広がる”. TBS News i. (2015年4月21日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2474253.html [リンク切れ]
  8. ^ a b “グーグルマップ改竄 滑走路近くに「飲食店」、秋田空港で表示”. 産経新聞. (2015年4月24日). http://www.sankei.com/region/news/150424/rgn1504240052-n1.html 
  9. ^ “アンドロイドがアップルにおしっこ? グーグルマップに表示”. CNN.co.jp. (2015年4月25日). http://www.cnn.co.jp/tech/35063721.html?p=all 
  10. ^ a b c d e “グーグルマップ書き換えで登場した「恒心教」とは 過去に何度も同様手口でハッキング繰り返してきた?”. J-CASTニュース. (2015年4月21日). http://www.j-cast.com/2015/04/21233612.html?p=all 
  11. ^ “「”改ざん”で書類送検 ナゼ標的?弁護士語る”. 日テレNEWS ZERO. (2015年12月1日) 
  12. ^ a b “グーグルマップ「改ざん愉快犯」は特定できるか”. 東京スポーツ. (2015年4月24日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/392412/ 
  13. ^ グーグルマップ改ざん、3人書類送検 業務妨害容疑,朝日新聞,2015年12月1日
  14. ^ グーグルマップの施設名を勝手に書き換え 大学生ら3人書類送検”. FNNニュース (2015年12月1日). 2015年12月12日閲覧。
  15. ^ 「弁護士への業務妨害に断固抗議する」弁護士会が「グーグルマップ改ざん事件」で声明”. 弁護士ドットコムニュース (2015年12月2日). 2015年12月12日閲覧。
  16. ^ 岡 正晶 (2015年12月2日), “弁護士業務妨害に対する会長声明” (プレスリリース), 第一東京弁護士会, http://www.ichiben.or.jp/opinion/opinion2015/post_308.html 2017年11月30日閲覧。 
  17. ^ Googleマップへのいたずらなど弁護士への業務妨害について第一東京弁護士会が声明”. ねとらぼ (2015年12月3日). 2015年12月12日閲覧。
  18. ^ 第189回国会参議院法務委員会会議録第12号
  19. ^ “「成人だけでは飽きる」児童ポルノ約30万点単純所持 容疑の男性書類送検 警視庁”. 産経新聞. (2016年2月17日). http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160023-n1.html 
  20. ^ 第190回国会 予算委員会 第9号