グワーダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グワダルから転送)
移動先: 案内検索
グワーダル
گوادر
グワダルの海岸の上空からの光景
グワダルの海岸の上空からの光景
行政
 パキスタン
  バローチスターン州
 町 グワーダル

グワーダル:Gwadar、گواد)は、パキスタン南西部バローチスターン州にある町。日本語メディアではグワダルと表記されることもある。名称は地元のバローチ語で「風の門」を意味する。アラビア海に面しており、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)及びそれを含めた一帯一路構想の要衝として、中華人民共和国により港湾開発が進んでいる[1]

1797年から1958年にかけて、アラビア海対岸にあるオマーンの領土だった。オマーン時代は自由港だったため輸入品が安かった。パキスタンからの客が多かったのもあり密輸も栄えていた。

歴史と現状[編集]

1783年にオマーン宮廷で内紛が発生し、Saiadという王族が追放された。カラート藩王国英語版[2]ハーンが、Saiadをグワーダルを領土とするスルターンとしたが、Saiadはその後オマーンに帰国。1797年にオマーンの国王に即位したため、グワーダルはオマーンの飛地領土となった。

しかし1876年にグワーダルの周囲のカラート等の各王国が、1891年にはオマーンがイギリス保護国となり、英領インドの一部となる。

1947年英領インドからパキスタンが独立し、グワーダル地域が問題となった。結局、オマーンは1958年に300万ポンドでパキスタンに売却した[3]。これによりグワーダルの飛地は解消された。

2013年1月30日、パキスタン政府がグワーダル港運営権の中国企業への移譲を認可[4]して以降、中国による港湾と関連するインフラ整備が進んでいる。米国や中パ両国と対立を抱えるインドは、グワーダル港が中国に軍事利用される可能性を警戒している[5]

住民[編集]

オマーンとパキスタンの二重国籍を持つ者が多いが、アフリカ系の住民もいる。宗教はイスラム教が多数を占めていて、イスマーイール派が影響力がある。

脚注[編集]

  1. ^ 【紅い侵入 一帯一路の陰で】(中)中国マネー「風の門」パキスタンの商業港に巨額投資『産経新聞』朝刊2018年1辰13日
  2. ^ 現在のパキスタンバルチスタン
  3. ^ この300万ポンドスルターンの銀行口座に振り込まれたが、オマーンの国家建て直しの資金に使うため使われなかった。
  4. ^ 外交部:パキスタン・グワダル港の中国企業への運営権移譲について『人民日報』日本語版2031年2月1日(2018年2月1日閲覧)
  5. ^ 焦点:パキスタン海洋拠点に賭ける中国、巨額投資の落とし穴ロイター通信(2018年2月1日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]