グローリー/明日への行進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グローリー/明日への行進
Selma
監督 エイヴァ・デュヴァーネイ
脚本 ポール・ウェブ
エイヴァ・デュヴァーネイ (クレジットなし)
製作 クリスチャン・コルソン
オプラ・ウィンフリー
デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
製作総指揮 ブラッド・ピット
キャメロン・マクラッケン
ディアムイド・マッキオウン
ニック・バウアー
エイヴァ・デュヴァーネイ
ポール・ガーンズ
ナン・モラレス
出演者 デヴィッド・オイェロウォ
トム・ウィルキンソン
カルメン・イジョゴ
ジョヴァンニ・リビシ
アレッサンドロ・ニヴォラ
キューバ・グッディング・ジュニア
ティム・ロス
オプラ・ウィンフリー
音楽 ジェイソン・モラン英語版
主題歌 ジョン・レジェンド
コモン
"Glory"
撮影 ブラッドフォード・ヤング
編集 スペンサー・アヴァリック
製作会社 パテ
ハーポ・フィルムズ
プランBエンターテインメント
クラウド・エイト・フィルムズ
インジーニアス・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年12月25日
日本の旗 2015年6月19日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2000万ドル[1]
興行収入 $59,540,835[1]
5000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

グローリー/明日への行進』(グローリー あすへのこうしん、原題: Selma)は、2014年のアメリカの歴史ドラマ映画。ポール・ウェブによる脚本をエイヴァ・デュヴァーネイが改稿・監督した。ジェームズ・ベヴェル英語版ホージア・ウィリアムズ英語版南部キリスト教指導者会議英語版マーティン・ルーサー・キング・ジュニア学生非暴力調整委員会英語版ジョン・ルイスジョン・ルイス版、[[:John Lewis (Georgia politician):{{{5}}}|john lewis (georgia politician)版]])によって先導された1965年のアラバマ州セルマからモンゴメリーへの行進を題材とし、デヴィッド・オイェロウォがキング、トム・ウィルキンソンが大統領リンドン・ジョンソンティム・ロスジョージ・ウォレスカルメン・イジョゴコレッタ・スコット・キング英語版コモンジェームズ・ベヴェル英語版を演じた。

本作は2014年11月11日にAFIフェストで初上映され、2014年12月25日にアメリカの一部の地域で、行進から50年となる約2か月前の2015年1月9日に北米全域で劇場公開された。第72回ゴールデングローブ賞では作品賞主演男優賞 (両ドラマ部門)、監督賞主題歌賞の4部門に、第87回アカデミー賞では作品賞主題歌賞の2部門にノミネートされ、いずれも主題歌賞においてのみ受賞に至った。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2008年6月18日、『バラエティ』は脚本家ポール・ウェブによって執筆されたキングとジョンソンにまつわる物語の企画がセラドール英語版クリスチャン・コルソンによって買われ、ブラッド・ピットプランBエンターテインメントとの共同製作で映画化予定であると報じた[3]。2009年にはリー・ダニエルズが監督に向けた交渉の初期段階であることが、パテの出資、ならびにプランBのデデ・ガードナーとジェレミー・クライナーが製作を務めること、そしてクラウド・エイト・フィルムズの製作参加とともに報じられた[4]。2010年にはダニエルズの監督、ワインスタイン・カンパニーの共同製作、2200万ドルの予算で製作される見込みが報じられたが、翌月にはダニエルズはソニー・ピクチャーズと契約して『大統領の執事の涙』の脚本を書き直すことがわかった[5]。2010年8月のインタビューで、ダニエルズは『グローリー/明日への行進』の資金調達は完了していたものの、『グローリー/明日への行進』と『大統領の執事の涙』の2つの選択肢を与えられた上で後者を選んだと語っている[6]

2013年7月、エイヴァ・デュヴァーネイが本作の監督に決まり、ウェブとともに脚本の改訂作業に入っていることが発表された。デュヴァーネイはこの作業で脚本の約90%が書き直されたと述懐している[7]。脚本の改訂にはキングの演説を新たに書き直すことも含まれた。キングの実際の演説は2009年にドリームワークスワーナー・ブラザーススティーヴン・スピルバーグ製作の映画企画のために権利を取得しており、『グローリー/明日への行進』製作陣によるこれらの会社との交渉も決裂に終わったためだ。デュヴァーネイはキングの演説を聴き込み、著作権侵害につながらないながらも実際の言葉を思い起こさせる演説の執筆に努めた。彼女は「彼の演説パターンの美しさとニュアンスには到底届かないことは分かっていた」ものの、同じ内容を3回にわたって変えて言う三行連の多用などといったキングの演説の基本的な傾向をつかむことができたという[8]

2014年1月にはオプラ・ウィンフリーがプロデューサーとして参加することが伝えられ[9]、翌2月にはパラマウント映画が北米配給に向けた交渉の最終段階に入っていることが報じられた[10]

配役[編集]

2010年、デヴィッド・オイェロウォマーティン・ルーサー・キング・ジュニアを演じると報じられた[11]。キング、キングの妻、大統領ジョンソン、アラバマ州知事ウォレスの主要登場人物4名はすべて英国の俳優によって演じられた[7]。2010年に出演予定として名前が報じられたものの最終的に出演しなかった俳優には、ロバート・デ・ニーロヒュー・ジャックマンレニー・クラヴィッツリーアム・ニーソンセドリック・ジ・エンターテイナーがいる[12][13][14]

撮影[編集]

主要撮影は2014年5月20日、ジョージア州アトランタ周辺で始まり、翌月にはアラバマ州セルマおよびモンゴメリー行進のシーンなどが撮影された。ブラッドフォード・ヤングが撮影監督を務めた[15][16]

音楽[編集]

ジャズ・ピアニストのジェイソン・モラン英語版が作曲を担当した。映画音楽の作曲はモランにとって初めてであった[17]

ジョン・レジェンドコモンによる主題歌 "Glory" は映画公開前の2014年12月にリリースされ、2014年ファーガソン騒乱英語版への言及を含むこの曲はゴールデングローブ賞主題歌賞第87回アカデミー賞主題歌賞を受賞した[18][19]

公開[編集]

『グローリー/明日への行進』は2014年11月11日、ロサンゼルスで開かれたAFIフェストで初上映され、スタンディングオベーションを浴びた[20]。映画は2014年12月25日にロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタで限定公開され、2015年1月9日に北米全域で公開された[21]。2015年2月には第65回ベルリン国際映画祭で上映された[22]。2015年3月20日には、行進の50周年を記念した再上映が開始された[23]

評価[編集]

『グローリー/明日への行進』は批評家から圧倒的な支持を集めた。Rotten Tomatoesは204件の批評を基に支持率を99%、平均評価を8.7/10、批評家の総意を「デヴィッド・オイェロウォの心を掴む演技に勢いを得て、『グローリー/明日への行進』はマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生と死から感動とドラマティックなパワーを引き出している――と同時に、彼の業績の湛えた理想から我々がいかに遠いところにいるかを見落とすことがない」としている[24]Metacriticは46件の批評を基に89/100という「幅広い支持」の加重平均値を示している[25]

シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーは「『グローリー/明日への行進』は重要な歴史の教えでありながら授業のように感じさせない。学校が始業したら、全米の中学校は課外授業としてこの映画を観させるべきだ」と映画を称えた[26]ジョー・モーゲンスターンは『ウォール・ストリート・ジャーナル』に寄せて「このエイヴァ・デュヴァーネイの伝記映画はキング博士とその同胞を行動へと駆り立てた人種差別主義の残忍さを描くことで、博士の遺産に最高の形で敬意を捧げている」と書いた[27]。『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは映画の演技、演出、脚本、撮影を称え、「たとえ何が起こるかわかっていても、『グローリー/明日への行進』はサスペンスと驚きをもって行進する。事件と魅力的なキャラクターにあふれたそれは、手際よく、確固とした映画的ストーリーテリングの勝利である」と書いた[28]。『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは、「デュヴァーネイの人種的不正義に立ち向かったマーティン・ルーサー・キングの1965年の投票権を求める行進に対する考察は、今日との相関にあって痛ましい。オイェロウォの感動的で熱のこもったキング役の演技は最上級の栄誉に値する」と述べた[29]。デイヴィッド・デンビーは『ザ・ニューヨーカー』に「これが映画だ、ケーブルテレビのドラマより叙述的で、壮大で、胸を揺さぶる」と書いた[30]。『ワシントン・ポスト』のアン・ホーナデイは「エイヴァ・デュヴァーネイは『グローリー/明日への行進』で胸を揺さぶり、しばしばスリリングで、不気味なほどタイムリーなドラマを作り上げた」「彼女は彼 (キング) を人間的な矛盾や欠点、そして卓越した政治的手腕をもった生き生きした人物として描いている」と述べた[31]

賛辞は必ずしも満場一致ではない。『ブラック・アジェンダ・リポート』のグレン・フォードは映画を製作・出演を務めたオプラ・ウィンフリーの「黒人保守の政治的世界観」に立った「SNCC公民権の英雄たちへの侮辱でありながら白人、金持ちケネディたちの擁護」だとして批判した[32]ペンシルベニア大学の政治学教授エイドルフ・リード・ジュニアはなぜ『グローリー/明日への行進』がアカデミー賞でより多くの部門にノミネートされなかったかについて書いた中で、「今や黒人の大衆の代わりに不正義を経験しているのは黒人の (上流階級の) ブルジョワジーである」と述べた[33]

論争[編集]

本作の歴史的正確性は論争の的となった。その大半はジョンソン大統領とキング牧師の関係をめぐるもので、公民権法制定の積極的な推進者でキングとも協力関係にあった人物として知られるジョンソンを、FBIにキングの監視や嫌がらせを指示する公民権の発展に消極的な政治的人物として描いたことで映画は批判にさらされた[34][35]。特にLBJ大統領図書館英語版館長のマーク・K・アップデグローヴ英語版と、ジョンソン政権下で大統領特別補佐官を務めたジョセフ・アンソニー・カリファノによる批判は注目を集め、カリファノは「その方が良いストーリーになるからといって映画を嘘で塗り固め、亡き者に対する責任から免れていいのか」と映画の製作者たちを非難した[36]。一方、キングの側近で下院議員も務めたアンドリュー・ヤング英語版は『ワシントン・ポスト』の取材に対し、キングとジョンソンの間のコミュニケーションの描写には違和感を覚えたものの、「それ以外は100%正しい」と述べた[37]

監督のデュヴァーネイはこういった批判に関して、映画は歴史を正確に反映することを目指したドキュメンタリーではなく、あくまで彼女自身の解釈であると強調している[38][39]。また、劇中で若年期が描かれている下院議員ジョン・ルイス英語版も『ロサンゼルス・タイムズ』に寄せて、「他の歴史劇には完璧さを求めないのに、なぜこの映画に関してはそれが必要となるのか」と述べ、監督の立場を擁護した[40]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞[41] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ 受賞
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ 受賞
音楽賞 ジョン・レジェンド、コモン "Glory" 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[42] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ ノミネート
アンサンブル演技賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
ジョー・バーバー賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
女性映画批評家協会賞[43] 女性による映画賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
アクション女優賞 オプラ・ウィンフリー 受賞
ブラック・フィルム批評家協会賞[44] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ 受賞
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ 受賞
助演女優賞 カルメン・イジョゴ 受賞
オリジナル脚本賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
アンサンブル演技賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
第12回アイオワ映画批評家協会賞[45] 主題歌賞 "Glory" 次点
セントラルオハイオ映画批評家協会賞[46] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ 受賞
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ 受賞
ブレイクスルー映画人賞 エイヴァ・デュヴァーネイ 受賞
オリジナル脚本賞 ポール・ウェブ 受賞
ジョージア映画批評家協会賞[47] 主題歌賞 ジョン・スティーヴンス、ロニー・リン、チェ・スミス 受賞
ブレイクスルー賞 デヴィッド・オイェロウォ 受賞
オグルソープ賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
ゴールデングローブ賞[48] 主題歌賞 ジョン・レジェンド、コモン 受賞
作品賞 (ドラマ部門) 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
主演男優賞 (ドラマ部門) デヴィッド・オイェロウォ ノミネート
女性映画ジャーナリスト同盟映画賞[49] 女性監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ 受賞
作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞[50][51] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
主題歌賞 "Glory" ノミネート
放送映画批評家協会賞[52][53] 主題歌賞 "Glory" 受賞
作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ ノミネート
アンサンブル演技賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
米国キャスティング協会アーティオス賞[54] ドラマ大作 エイシャ・コーリー、ロビン・オーウェン ノミネート
NAACPイメージ・アワード[55][56] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 受賞
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ 受賞
助演男優賞 コモン 受賞
助演女優賞 カルメン・イジョゴ 受賞
助演男優賞 アンドレ・ホランド ノミネート
助演男優賞 ウェンデル・ピアース ノミネート
助演女優賞 オプラ・ウィンフリー ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
メイクアップアーティスト・ヘアスタイリスト組合賞[57] ヘアスタイリング (時代または人物劇長編映画) メリッサ・フォーニー、ピアース・オースティン ノミネート
映画音響編集協会賞[58] 長編音楽 ジュリー・ピアース、クリント・ベネット ノミネート
サテライト賞[59] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
オリジナル脚本賞 ポール・ウェブ ノミネート
衣装デザイナー組合賞[60] 時代劇 ルース・E・カーター ノミネート
インディペンデント・スピリット賞[61] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
監督賞 エイヴァ・デュヴァーネイ ノミネート
主演男優賞 デヴィッド・オイェロウォ ノミネート
助演女優賞 カルメン・イジョゴ ノミネート
撮影賞 ブラッドフォード・ヤング ノミネート
アカデミー賞[19] 主題歌賞 ジョン・スティーヴンス、ロニー・リン 受賞
作品賞 クリスチャン・コルソン、オプラ・ウィンフリー、
デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー
ノミネート
MTVムービー・アワード[62] 作品賞 『グローリー/明日への行進』 ノミネート
ブレイクスルー演技賞 デヴィッド・オイェロウォ ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ a b Selma”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2015年4月6日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 82頁
  3. ^ Dawtrey, Adam (2008年6月18日). “Paul Webb”. バラエティ (Penske Business Media). http://variety.com/2008/film/news/paul-webb-1117987703/ 2015年1月24日閲覧。 
  4. ^ Jaafar, Ali (2009年11月17日). “Lee Daniels on march to ‘Selma’”. バラエティ (Penske Business Media). http://variety.com/2009/biz/news/lee-daniels-on-march-to-selma-1118011498/ 2015年1月24日閲覧。 
  5. ^ Fleming Jr, Mike (2010年7月30日). “Precious Time Left For 'Selma' To Mobilize As Director Lee Daniels Makes 'Butler' Deal”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2010/07/precious-time-for-selma-as-lee-daniels-makes-butler-deal-52114/ 2015年1月24日閲覧。 
  6. ^ Smith, Rob (2010年8月30日). “Prince of Broadway – An Interview With Lee Daniels”. blackfilm.com. http://www.blackfilm.com/read/2010/08/prince-of-broadway-an-interview-with-lee-daniels/ 2015年1月24日閲覧。 
  7. ^ a b Fleming Jr, Mike (2015年1月4日). “Hard Road To Oscar: 'Selma's Ava DuVernay On Why It Took 50 Years To Make A Major MLK Movie”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2015/01/selma-ava-duvernay-martin-luther-king-interview-1201340457/ 2015年1月24日閲覧。 
  8. ^ “A Vital Chapter Of American History On Film In 'Selma'”. ナショナル・パブリック・ラジオ. (2014年12月23日). http://www.npr.org/templates/transcript/transcript.php?storyId=371479848 2015年1月24日閲覧。 
  9. ^ Shaw, Lucas (2014年1月19日). “Oprah Winfrey Joins Brad Pitt as Producer of MLK Drama ‘Selma’”. TheWrap. http://www.thewrap.com/oprah-winfrey-joins-brad-pitt-producer-mlk-drama-selma/ 2015年1月24日閲覧。 
  10. ^ Fleming Jr, Mike (2014年2月25日). “Paramount To Make MLK Pic ‘Selma'; Oprah Winfrey Producing”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2014/02/selma-mlk-movie-paramount-oprah-winfrey-689422/ 2015年1月24日閲覧。 
  11. ^ Kit, Borys (2010年3月16日). “Lee Daniels' 'Selma' finds its King”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/lee-daniels-selma-finds-king-21710 2015年1月24日閲覧。 
  12. ^ Finke, Nikki (2010年1月24日). “Robert De Niro Returns To CAA From WME; Jane Rosenthal Takes Responsibility — Even Though Bob Made $35M With Ari”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2010/01/robert-de-niro-returns-to-caa-from-wme-23352/ 2015年1月24日閲覧。 
  13. ^ Freydkin, Donna (2010年3月3日). “Lee Daniels at the Oscars: New film, new shoes, new shirt”. USAトゥデイ. http://usatoday30.usatoday.com/life/movies/movieawards/oscars/2010-03-03-DanielsDiary03_ST_N.htm 2015年1月24日閲覧。 
  14. ^ Rosenberg, Adam (2010年3月23日). “Lee Daniels Confirms Liam Neeson, Cedric The Entertainer For ‘Selma’”. MTV News (バイアコム). http://www.mtv.com/news/1634516/lee-daniels-confirms-liam-neeson-cedric-the-entertainer-for-selma/ 2015年1月24日閲覧。 
  15. ^ Trumbore, Dave (2014年5月20日). “Production Begins on Paramount’s Dr. Martin Luther King, Jr. Biopic, SELMA, Starring David Oyelowo”. Collider (Complex Media). http://collider.com/selma-production-starts/ 2015年1月24日閲覧。 
  16. ^ Sutton, Amber (2014年6月27日). “Dexter Avenue revisits the 1960s as 'Selma' begins filming in Montgomery”. AL.com (Alabama Media Group). http://www.al.com/entertainment/index.ssf/2014/06/selma_post.html 2015年1月24日閲覧。 
  17. ^ “Jason Moran Scoring Ava DuVernay’s ‘Selma’”. Film Music Reporter. (2014年11月5日). http://filmmusicreporter.com/2014/11/05/jason-moran-scoring-ava-duvernays-selma/ 2015年1月24日閲覧。 
  18. ^ Chilton, Martin (2015年1月12日). “Glory from Selma wins best song at Golden Globes”. デイリー・テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/culture/golden-globes/11339347/Glory-from-Selma-wins-best-song-at-Golden-Globes.html 2015年1月24日閲覧。 
  19. ^ a b Jagernauth, Kevin (2015年2月22日). “2015 Academy Awards: 'Birdman' Wins Best Picture, Best Director & 4 Awards Total”. The Playlist (Indiewire). http://blogs.indiewire.com/theplaylist/the-2015-oscar-academy-award-winners-as-theyre-announced-live-20150222 2015年3月16日閲覧。 
  20. ^ Whipp, Glenn (2014年11月12日). “AFI Fest: 'Selma' upends best picture Oscar race”. ロサンゼルス・タイムズ. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/goldstandard/la-et-mn-afi-fest-selma-20141111-column.html 2015年1月24日閲覧。 
  21. ^ Brett, Jennifer (2014年12月24日). “Timely “Selma” opens at two Atlanta theaters Christmas Day”. AJC.com (Cox Media Group). http://www.ajc.com/news/entertainment/movies/historic-yet-timely-selma-opens-at-two-atlanta-the/njY8n/ 2015年1月24日閲覧。 
  22. ^ “Many World Premieres in the Berlinale Special 2015” (プレスリリース), ベルリン国際映画祭, (2015年1月15日), http://www.berlinale.de/en/presse/pressemitteilungen/alle/Alle-Detail_26516.html 2015年1月24日閲覧。 
  23. ^ Every, Max (2015年3月18日). “Paramount to Re-Release Selma for 50th Anniversary of Historic March”. ComingSoon.net (CraveOnline Media). http://www.comingsoon.net/movies/news/420781-paramount-to-re-release-selma-for-50th-anniversary-of-historic-march 2015年4月6日閲覧。 
  24. ^ Selma”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2015年4月6日閲覧。
  25. ^ Selma”. Metacritic. 2015年1月24日閲覧。
  26. ^ Roeper, Richard (2015年1月1日). “‘Selma': History lesson moves gracefully from brutality to tenderness”. シカゴ・サンタイムズ. http://entertainment.suntimes.com/movies/selma-history-lesson-moves-gracefully-brutality-tenderness/ 2015年3月16日閲覧。 
  27. ^ Morgenstern, Joe (2014年12月25日). “‘Selma’ Review: Honoring the Legacy of Martin Luther King Jr.”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://www.wsj.com/articles/selma-review-honoring-the-legacy-of-martin-luther-king-jr-1419443973 2015年3月16日閲覧。 
  28. ^ Scott, A.O. (2014年12月24日). “A 50-Mile March, Nearly 50 Years Later”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2014/12/25/arts/in-selma-king-is-just-one-of-the-heroes.html 2015年3月16日閲覧。 
  29. ^ Travers, Peter (2014年12月23日). “Selma”. Rolling Stone (Wenner Media). http://www.rollingstone.com/movies/reviews/selma-20141223 2015年3月16日閲覧。 
  30. ^ Denby, David (2014年12月22日). “Living History”. The New Yorker (Condé Nast). http://www.newyorker.com/magazine/2014/12/22/living-history 2015年3月16日閲覧。 
  31. ^ Hornaday, Ann (2014年12月23日). “‘Selma’ movie review: Humanizing Rev. Martin Luther King Jr.”. ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/goingoutguide/movies/selma-movie-review-humaninzing-rev-martin-luther-king-jr/2014/12/23/eb2ec2e4-8aaa-11e4-a085-34e9b9f09a58_story.html 2015年3月16日閲覧。 
  32. ^ Ford, Glen (2015年1月21日). Black Agenda Report. Selma: Black History According to Oprah 2015年3月16日閲覧。 
  33. ^ Reed, Jr., Adolph (2015年1月26日). “The Real Problem with Selma. nonsite.org (Emory College of Arts and Sciences). http://nonsite.org/editorial/the-real-problem-with-selma 2015年3月16日閲覧。 
  34. ^ Labercque, Jeff (2015年1月3日). “Fact-Checking the Film: 'Selma'”. Entertainment Weekly (Time). http://insidemovies.ew.com/2015/01/03/fact-checking-selma/ 2015年1月24日閲覧。 
  35. ^ “"Selma" Movie” (プレスリリース), LBJ Presidential Library, (2015年1月16日), http://www.lbjlibrary.org/press/selma-movie 2015年1月24日閲覧。 
  36. ^ Califano Jr., Joseph A. (2014年12月26日). “The movie ‘Selma’ has a glaring flaw”. ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/opinions/the-movie-selma-has-a-glaring-historical-inaccuracy/2014/12/26/70ad3ea2-8aa4-11e4-a085-34e9b9f09a58_story.html 2015年1月24日閲覧。 
  37. ^ Tumulty, Karen (2014年12月31日). “‘Selma’ sets off a controversy amid Oscar buzz”. ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/politics/selma-sets-off-a-controversy-amid-oscar-buzz/2014/12/31/7551108e-9100-11e4-ba53-a477d66580ed_story.html 2015年1月24日閲覧。 
  38. ^ Millken, Mary (2015年1月6日). “'Selma' director makes history before awards are bestowed”. ロイター. http://www.reuters.com/article/2015/01/06/film-selma-duvernay-idUSL1N0UK2C920150106 2015年1月24日閲覧。 
  39. ^ “Director Ava DuVernay on sharing the story of ‘Selma’ and deconstructing American heroes”. 公共放送サービス. (2015年1月8日). http://www.pbs.org/newshour/bb/director-ava-duvernay-sharing-story-selma-deconstructing-american-heroes/ 2015年1月24日閲覧。 
  40. ^ Lewis, John (2015年1月16日). “John Lewis tells his truth about 'Selma'”. ロサンゼルス・タイムズ. http://www.latimes.com/opinion/op-ed/la-oe-lewis-selma-movie-20150119-story.html 2015年1月24日閲覧。 
  41. ^ Yamato, Jen (2014年12月8日). “'Selma' Wins Top Honors From African-American Film Critics”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2014/12/selma-best-film-african-american-film-critics-tyler-perry-beyond-the-lights-1201316272/ 2015年1月24日閲覧。 
  42. ^ “"Boyhood" and "Birdman" Dominate This Year's Washington DC Film Critics Awards” (プレスリリース), ワシントンD.C.映画批評家協会, (2014年12月8日), http://www.wafca.com/awards/ 2015年1月24日閲覧。 
  43. ^ Tapley, Kristopher (2014年12月22日). “'Still Alice' cleans up at the Women Film Critics Circle Awards”. HitFlix. http://www.hitfix.com/in-contention/still-alice-cleans-up-at-the-women-film-critics-circle-awards 2015年1月24日閲覧。 
  44. ^ Tapley, Kristopher (2014年12月23日). “'Selma' dominates Black Film Critics Circle awards”. HitFlix. http://www.hitfix.com/in-contention/selma-dominates-black-film-critics-circle-awards 2015年1月24日閲覧。 
  45. ^ Patches, Matt (2015年1月7日). “'Boyhood' is Iowa Critics' Best Picture of 2014”. HitFlix. http://www.hitfix.com/in-contention/boyhood-is-iowa-critics-best-picture-of-2014 2015年1月24日閲覧。 
  46. ^ Awards: 2014”. Central Ohio Film Critics Association (2015年1月8日). 2015年1月24日閲覧。
  47. ^ McAllister, Cameron (2015年1月9日). “"Boyhood," "Nightcrawler" Win Big as Georgia Film Critics Split the Board”. Reel Georgia. http://www.reelga.com/2015/01/georgia-film-critics-split-board.html 2015年1月24日閲覧。 
  48. ^ “Golden Globes 2015: Winners”. 英国放送協会. (2015年1月12日). http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-30432198 2015年1月24日閲覧。 
  49. ^ Alliance of Women Film Journalists” (2015年1月12日). 2015年1月24日閲覧。
  50. ^ Stone, Sasha (2014年12月16日). “Houston Film Critics Announce Nominees”. Awards Daily (Newscore). http://www.awardsdaily.com/blog/2014/12/houston-film-critics-announce-nominees/ 2015年1月24日閲覧。 
  51. ^ Tapley, Kristopher (2015年1月12日). “'Boyhood,' Larry McMurtry and the 'Grand Budapest' poster win Houston critics awards”. HitFlix. http://www.hitfix.com/in-contention/boyhood-larry-mcmurtry-and-the-grand-budapest-poster-win-houston-critics-awards 2015年1月24日閲覧。 
  52. ^ Gray, Tim (2014年12月15日). “‘Birdman,’ ‘Grand Budapest’ Top Critics Choice Awards Nominations”. Variety (Penske Business Media). http://variety.com/2014/film/news/birdman-grand-budapest-pace-noms-for-critics-choice-awards-1201379383/ 2015年1月24日閲覧。 
  53. ^ Pederson, Erik (2015年1月15日). “Critics' Choice Awards: 'Boyhood' Wins Best Picture; 'Birdman' Leads With 7 Nods”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2015/01/critics-choice-awards-winners-2015-list-movie-1201351280/ 2015年1月24日閲覧。 
  54. ^ “Casting Society Unveils Artios Film Nominees”. Deadline (Penske Business Media). (2015年1月6日). http://deadline.com/2015/01/casting-society-artios-awards-film-nominees-full-list-1201342146/ 2015年1月24日閲覧。 
  55. ^ Jue, Teresa (2014年12月9日). “NAACP Image Awards announce nominations for film and TV”. エンターテインメント・ウィークリー (Time). http://popwatch.ew.com/2014/12/09/naacp-image-awards-nominations/ 2015年1月24日閲覧。 
  56. ^ “'Selma', 'Black-Ish,' 'HTGAWM' Dominate NAACP Image Awards – Complete Winners List”. Deadline (Penske Business Media). (2015年2月6日). http://deadline.com/2015/02/naacp-image-award-winners-2015-image-awards-winners-list-1201368201/ 2015年3月16日閲覧。 
  57. ^ Giardina, Carolyn (2015年1月8日). “'Guardians of the Galaxy,' 'Into the Woods' Lead Make-Up Artists and Hair Stylists Guild Nominations”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/guardians-galaxy-woods-lead-make-761732 2015年1月24日閲覧。 
  58. ^ Yamato, Jen (2015年1月14日). “'Birdman,' 'Apes' Top 2015 Golden Reel Nominations”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2015/01/birdman-dawn-of-the-planet-of-the-apes-motion-picture-sound-editor-awards-nominations-1201350012/ 2015年1月24日閲覧。 
  59. ^ Pond, Steve (2014年12月1日). “‘Birdman’ Leads Satellite Awards Nominations”. TheWrap. http://www.thewrap.com/birdman-leads-satellite-awards-nominations/ 2015年1月24日閲覧。 
  60. ^ Petski, Denise (2015年1月7日). “Costume Designers Guild Awards: 'Birdman', 'Boyhood', 'Grand Budapest Hotel' Among Nominees”. Deadline (Penske Business Media). http://deadline.com/2015/01/costume-designers-guild-award-nominations-2015-full-list-1201342597/ 2015年1月24日閲覧。 
  61. ^ “Film Independent Spirit Award Nominations 2015 – Full List”. Deadline (Penske Business Media). (2015年1月6日). http://deadline.com/2014/11/film-independent-spirit-awards-nominations-2015-list-1201295941/ 2015年1月24日閲覧。 
  62. ^ Wickman, Kase (2015年3月4日). “Here Are Your 2015 MTV Movie Awards Nominees”. MTV News (バイアコム). http://www.mtv.com/news/2095540/mtv-movie-awards-nominations-2015/ 2015年3月16日閲覧。 

外部リンク[編集]