グロリア・スティーブンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グロリア・スティーブンス(Gloria Stephens)は、米国出身のの専門家。世界最大の猫種管理団体ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(TICA)の黎明期からの幹部の一人であり[1]、この団体の様々な役務を担う傍ら、猫をその主題とする数多の図鑑的著作を世に送り出してきた。[2]

ミズーリ州カンザス市に生まれ、テネシー州メンフィスへと移ったのちに、ミシシッピ大学へと進み生物学を専攻。その他の科目も履修しつつ、比較解剖学生物組織学および植物学の研究室で教鞭を取るなどした。[2]

やがて再婚に伴いルイジアナ州ニューオーリンズへと移住。その夫がテュレーン大学の教授であったことが縁となり、再び大学に入り今度は彫刻を専攻。更には大学院へと進んだうえで、心理学の学習と並行しつつ美術教育の修士号を取得した。[2]

猫の世界と深く関係するようになったのは、あるキャットショー〔猫展覧会〕を訪れた折に一匹のシャムネコに魅了されたことからであった。この子猫を入手したことがきっかけとなり、マーディ・グラと名付けた自身のキャッテリー〔猫牧場〕を開創。[2]

やがてアメリカン・キャット・ファンシアーズ・アソシエーション(ACFA)の審査員を経て、TICAの全品種審査員およびインストラクターを務めたのち、TICAの遺伝委員に就任。更にはこの団体のウェブマスターの役をも引き受け、そのウェブサイトを全部にわたって作成。そうした傍らスイート・アンド・ロウと名付けたマンチカン用のキャッテリーを運営するなどしている。[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ パンディキャッツ:『グロリア・スティーブンス』 (英語)
  2. ^ a b c d e 世界のネコたち:著者プロフィール
  • グロリア・スティーブンス/山崎哲 『世界のネコたち』 成美堂出版、2000年ISBN 463559615X