グロリアの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グロリアの青春
Gloria
監督 セバスティアン・レリオ
脚本 セバスティアン・レリオ
Gonzalo Maza
製作 パブロ・ラライン
Luis Collar
フアン・デ・ディオス・ラライン
製作総指揮 Andrea Carrasco Stuven
Juan Ignacio Correa
Mariane Hartard
Rocio Jadue
出演者 パウリナ・ガルシア英語版
撮影 バンジャマン・エシャザァレタ
編集 セバスティアン・レリオ
Soledad Salfate
配給 日本の旗トランスフォーマー
公開 ドイツの旗 2013年2月10日BIFF
チリの旗 2013年5月9日
日本の旗 2014年3月1日
上映時間 105分(ベルリン)
110分
製作国  チリ
スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
英語
テンプレートを表示

グロリアの青春』(Gloria)は、セバスティアン・レリオ監督による2013年のスペイン・チリ合作のドラマ映画英語版である。第63回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映され[1]パウリナ・ガルシア英語版銀熊賞(女優賞)を獲得した[2]。この他に第38回トロント国際映画祭でも上映された[3]第86回アカデミー賞外国語映画賞にはチリ代表作品として出品された[4]

2017年5月、レリオ監督自ら本作のハリウッド版リメイクを手掛けることになり、ジュリアン・ムーアが主役に起用されたと報じられた[5]

キャスト[編集]

評価[編集]

第63回ベルリン国際映画祭でプレミア上映された際には好評を得ており、『Screen International』の批評家陣からは同映画祭のコンペティション作品で最高点をつけられ[6]、またIndieWireでも1位となった[7]

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 対象 結果
サン・セバスティアン国際映画祭[8] 進行中の映画賞 セバスティアン・レリオ(監督)
パブロ・ラライン(プロデューサー)
受賞
ベルリン国際映画祭[9] 銀熊賞 (女優賞) パウリナ・ガルシア 受賞
金熊賞 セバスティアン・レリオ ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ First Films for the Competition and Berlinale Special”. berlinale. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ Prizes of the International Jury”. berlinale. 2013年2月16日閲覧。
  3. ^ Toronto film festival 2013: the full line-up”. The Guardian. 2013年7月24日閲覧。
  4. ^ Oscars: Chile Nominates 'Gloria' in Foreign-Language Category”. Hollywood Reporter. 2013年8月31日閲覧。
  5. ^ Cannes: Julianne Moore to Star in Re-Imagining of Sebastian Lelio's 'Gloria' (Exclusive)”. 2018年3月29日閲覧。
  6. ^ Gloria tops Screen jury's Berlin films”. Screen International (2013年2月19日). 2013年11月14日閲覧。
  7. ^ Critics Rank the Best Films and Performances From the 2013 Berlin International Film Festival”. IndieWire (2013年2月19日). 2013年11月14日閲覧。
  8. ^ Chilea's Lelio wins Films in Progress in San Sebastián”. screendaily. 2013年2月13日閲覧。
  9. ^ Paulina García gana Oso de Plata a mejor actriz por "Gloria" en Festival Internacional de Cine de Berlín”. La tercera. 2013年2月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]